ここから本文です

<響け!ユーフォニアム>ヒロイン久美子がりりしく あすか先輩が軸に… 石原監督に聞く第2期見どころ

まんたんウェブ 10/2(日) 11:00配信

 高校の吹奏楽部員の成長を描くテレビアニメ「響け!ユーフォニアム」の第2期が、5日深夜からTOKYO MXほかで順次スタートする。吹奏楽は部活の定番だが、アニメのテーマにされたものは少なかった。第1期は、ダイナミックな演奏シーンや高校生の繊細な心の動きが描かれ、人気を集めた。第1期に続いて同作を手がける京都アニメーションの石原立也監督は、第2期「響け!ユーフォニアム2」について「続編でも初心を忘れないこと」と話す。石原監督に第2期の見どころ、制作の裏側を聞いた。

【写真特集】可愛い新キャラも続々登場 感動の第2期の先行カットを一挙公開

 ◇続編でも初心を忘れないこと

 「響け!ユーフォニアム」は、武田綾乃さんの小説「響け! ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ」(宝島社)が原作のアニメで、「けいおん!」などの京都アニメーションが制作。2015年4~6月に放送された第1期は、北宇治高校吹奏楽部を舞台に、新たに赴任した顧問の厳しい指導の下、ユーフォニアム担当の主人公・黄前久美子ら吹奏楽部員の成長が描かれた。第2期は、吹奏楽コンクール京都府大会で金賞に選ばれた北宇治高校吹奏楽部が、強豪ひしめく関西大会に挑む。

 第1期の放送前のインタビューで石原監督は「演奏シーンをアニメーションにするのが想像以上に大変(笑い)」と苦労を明かしていた。第1期は演奏シーンのリアルな表現も話題になったが「第1期はいいものができたとは思っていますが、慣れちゃいけないと思っています。ノウハウがある程度たまり、楽器が登場するアニメの作り方は何となく分かってきた。でも、楽な描き方を覚えると、作品にとってよくない。慣れてきたのでちょっと難しい角度で描いてみようか?などと作っています」と第2期でも挑戦を続けているという。

 石原監督は「続編でも初心を忘れないこと」とも語る。「初めて作るタイプの作品は、あたふたと試行錯誤すると、いい作品になることもある。一から何かを生み出そうとするエネルギーはどんな時も大事だと思います。勉強することが多くて、今も勉強中です」とあえていばらの道を行くことでクオリティーアップを目指しているようだ。

1/2ページ

最終更新:10/2(日) 20:35

まんたんウェブ