ここから本文です

【K‐1】チームドラゴン元所属選手が会見 離脱理由は「前田先生との方向性の違い」

東スポWeb 10/1(土) 18:10配信

 新生K‐1のスーパーフェザー級王者・卜部弘嵩(27)、その弟の功也(26)、55キロ級初代王者・武尊(25)ら格闘技ジム「チームドラゴン」の元所属選手らが1日、都内で会見を行った。

 会見には3人のほかにも元チームドラゴン代表の渡辺雅和氏や今年の「K‐1 WORLD GP 65キロ級日本代表決定トーナメント」優勝の山崎秀晃ら多くの選手が出席。チームドラゴンの創始者で前K‐1プロデューサーの前田憲作氏の姿はなかった。

 出席した選手の多くは9月25日に突如、それぞれのSNSでチームドラゴンからの離脱を表明。会見で渡辺氏は「2年前くらいから前田代表の変化に気づき始め、我慢していたが、我慢の限界になり、9月25日に前田先生と奥様に説明して退会という形になりました」と説明した。

 卜部弘嵩も選手を代表して「前田先生には大変お世話になりましたが、いつからか方向性の違いを感じるようになり退会することになりました」と続いた。

 前田氏の“変化”や“方向性の違い”について問われると、渡辺氏は「具体的なことは言えません。今言えるのは方向性の違い。それだけしか、今のぼくたちには言えません」と言葉を濁した。

 今回でチームドラゴンを離れた選手はプロ21人、アマチュア3人で、その全員が渡辺氏が立ち上げる新チーム「KREST」に所属する予定。渡辺氏は今後について「使っていただけるなら(K‐1やKrushに)継続して参戦したい」と希望していた。

最終更新:10/1(土) 18:10

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。