ここから本文です

災害経験生かし海外に貢献 北塩原で国際セミナー開幕

福島民報 10/1(土) 11:40配信

 国際研修交流協会の第30回国際セミナーは30日、福島県北塩原村の裏磐梯ロイヤルホテルで始まった。2日まで、災害の経験を生かした国際貢献などをテーマに国内外の専門家が意見を交わす。
 福島県の復興支援などを目的に県内開催は5回目。カンボジアなど8カ国から約200人が参加している。
 初日は元東大学長の有馬朗人理事長が被災者の早期帰還やエネルギー政策について講演した。復興加速や宇宙技術など4つのグループに分かれて議論している。
 1日は畠利行副知事が交流会に出席し、県産酒などをPRする。

福島民報社

最終更新:10/1(土) 12:26

福島民報