ここから本文です

【Krush】王座防衛のKANA、次戦の相手は欧米選手か

イーファイト 10/1(土) 23:47配信

 9月30日(金)東京・後楽園ホールにて開催された『Krush.69』の一夜明け会見が、29日(土)都内で行われた。挑戦者キル・ビー(台湾/Iron Boxing Gym)を豪快ハイキックでKOし、2度目のKrush女子タイトル防衛を果たした王者KANA(K-1ジム・シルバーウルフ)が出席し、勝利から一夜明けた心境を語った。

【フォト】試合後のマイクでメインイベンターを目標に掲げたKANA

 試合前の公約通りKOで防衛を果たしたKANA。現在の心境を「嬉しさ100%」と言葉にし、「なんとしてでもKOで勝って防衛したかったので、それが出来て本当に良かった」と笑みを浮かべた。

 KANAの強打を浴びながらも、素早いパンチで果敢な攻めを見せた挑戦者ビーについて、「思ったよりスピードがありました。手数も多くて(パンチの)回転も速いので、何度かもらってしまいました。気持ちもなかなか折れなくて、精神力の強さを感じました」と、その戦いぶりを称える。

 一方、自身の戦いぶりについては「3Rまでもつれてもムキになって倒しにいかずに、ローを効かせて最後のハイにつなげられたところは良かった」と収穫を口にしながらも、「

もうちょっと早い段階で倒せたと思います。いけるところで攻めきれなかったのが今回の反省点であり、今後の課題です」と表情を引き締めた。

 試合後にはメインイベンターを目標にすることを語っていたが、この日の会見でも「興行の締めが簡単でないことは分かっていますが、自分はメインを任されたら自分は盛り上げる自信はあります。もちろんプレッシャーもありますが、覚悟を持っているので任せて欲しい」と再びアピール。

 これを受けて、同席していたKrushの宮田充プロデューサーはKANAのKO勝利を評価したうえで、「自分としては任せても良いと思っています。大会の大トリをOKするというより、一緒にトライしてみたいと思います」と前向きな返答。

 さらに、KANAに対して海外から参戦・対戦オファーが届いていることを明かし、「次は欧米の選手と戦ってもらおうと思っています。どのような戦いぶりを見せてくれるか注目したい」と期待を寄せた。

最終更新:10/1(土) 23:47

イーファイト