ここから本文です

SanDiskの960GB SSDが税込み2万2980円! 過熱するアキバ週末特価

ITmedia PC USER 10/1(土) 16:57配信

 今週末はSanDiskの960GB SSD「Ultra II SSD SDSSDHII-960G-J26C」を特価とするショップが複数ある。なかでも安いのがパソコン工房 秋葉原BUYMORE店で、税込み2万2980円(台数限定、1人2本まで)で買える。同店は「SSDをボリュームにしたいという人も増えていますし、Ultra IIでここまで安いとかなりの引きがあると思います」と話していた。

【アキバショップ店頭の様子】

 同じく960GBのSSDとしては、今週後半にドスパラ パーツ館がキングストンの「SSDNow UV400 SUV400S37/960G」を入荷している。通常売価はMarvell 88SS1074コントローラ搭載のTLC NANDタイプとしては割安な税込み2万5800円だが、今週末は台数限定でさらに同2万4200円まで下げている。「このクラスがいきなり2万円台前半というのはかなり魅力的だと思います」という。

 こうした意欲的な大容量SSD特価が多数みられる最近の状況について、別のショップはちょっとした事情を教えてくれた。「今年の秋は新OSや新プラットフォームなど、自作ユーザー全体の購入動機になるものがないですからね。週末に魅力的な特価を投入してお客さんを集めようという意識が各店で例年より高いのは確かです」。すると他店より目立とうと、この地域だけで競争が激化するというわけだ。

●中国語版のWindowsタブ「Photon 2」が入荷! 税込み2万4480円!

 9月半ばに東映無線系列で最後の在庫が売り出されたBungBungameのWindows 10 Homeタブレット「Photon 2」だが、今週末には中国語版OSのタイプが新たに入荷している。今回はキーボードやUSBメモリは同梱せず、税込み価格は現金特価で2万4480円となる。

 日本向けに調整されていた従来のモデルと比べると若干ハードルが高いように思えるが、テクノハウス東映では順調に売れているとか。「もともと各国に出荷することを前提に作っているようで、ハードの仕様は日本語版と変わりません。OSの言語設定を変えるだけで普通に使えますし、代理店保証も1年つきます。なので、安心して買われる方が多いですね」。

 しかし、専用スタイラスペンのほうが本体以上に売れているとか。税込み価格は3980円。「スタイラスペンは本体にも同梱していますが、消費物なのでストックしておきたい人が予想以上に多いみたいですね。こちらのほうが本体よりも先に売り切れるかも」という。

最終更新:10/1(土) 16:57

ITmedia PC USER

なぜ今? 首相主導の働き方改革