ここから本文です

「オルフェンズ」は「ヤバイ!!」と細谷佳正がファン目線で大興奮、そして号泣

コミックナタリー 10/1(土) 16:37配信

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」のワールドプレミア上映会が、本日10月1日に東京・科学技術館サイエンスホールにて開催された。

【この記事の関連画像をもっと見る】

国内5都市、海外6都市で行われたワールドプレミアでは、「鉄血のオルフェンズ」第26話にあたる、第2期第1話を上映。イベントでは始めに第1期のダイジェスト映像が上映され、ステージには三日月・オーガス役の河西健吾、オルガ・イツカ役の細谷佳正、小川正和プロデューサーが登壇した。

細谷は最初の挨拶から「皆さんと一緒に自分の大好きな作品を一番に観られるということが、本当にうれしいです!」と笑顔を隠せない。河西は第1期を振り返り、「アフレコでは諸先輩方からたくさんアドバイスをいただき、いろいろと挑戦させていただいた収録でした」と振り返る。また小川プロデューサーは「第1期は本当に大変な内容で……」と苦笑いを浮かべながらも、「大変だけどやりがいのある作品」と同作に込める思いを語った。

第26話の見どころについて聞かれると、河西は「バルバトスがどこから出てくるのか、そこに注目してほしい」とコメント。細谷も同意すると、同シーンでSPYAIRの新オープニングテーマが流れる演出に触れ「もうね……白箱を観たときは、寝れなかった! 興奮して!」と熱弁した。

その後、第26話の上映が行われると、会場からは大きな拍手が巻き起こる。ステージには河西、細谷、小川に加え、シークレットゲストとしてイオク・クジャン役の島崎信長が登場し、4人によるトークが行われた。河西は第26話にも登場した三日月のセリフ混じりで観客へ挨拶し、「半年という期間が空いてどうなるのかなと思っていたんですが、会場の皆さんの反応を観て、より面白いものができたなと確信しました」と自信を覗かせる。細谷は「自画自賛とかじゃないんですけど、本当にオルガはカッコいい」と述べ、会場から拍手と笑いを受ける。楽屋でも第26話を観ながら「ここが泣ける!」などとコメントしながら観ていたことを明かすと、思いが止まらない様子で、終いには「……もう、ヤバイ!」とファン目線で集約し、観客の笑いを誘った。

第2期からの出演となる島崎は、「河西さんや細谷さん、皆さんの熱意と愛を感じて、関わった時間としては短いんですけど、僕もかなりのめり込んでしまって。僕もやっぱり感想は……『ヤバイ』ですね」とコメントすると、すかさず細谷が「ヤバイでしょ!?」と反応。2人で「『オルフェンズ』はヤバイんですよ!」と観客に訴えかける。その熱量について司会に触れられた細谷は、「今日は『(ワールドプレミアという)ちゃんとした席ですよ』と言われていて。河西くんは主人公としてちゃんとしているのに……。ごめん、僕、我慢できなかった。抑えきれなかった」と反省する場面も見受けられた。

アフレコ現場でも、キャスト同士で「オルフェンズ」についてずっと話をしていると語る島崎。「収録後の飲み会でも、どうしたら『オルフェンズ』をよくできるか、という話をしているんです」と語ると、「中でも、細谷さんは号泣してましたもんね」と暴露する。細谷は照れ笑いを浮かべながらも「みんなの成長がうれしくて、酔っ払ってしまったんですね」と、団長らしいコメント。「そのあと信長さんと家の方向が一緒だったので、信長さんが僕のマンションのドアの前まで送ってくれたんです」「僕は酔っ払っていたのと、信長さんが優しいのとで号泣して」と明かす。島崎は「5分くらい『うれしくて……』って泣いてましたよね(笑)。でもそれも、細谷さんの『オルフェンズ』に対しての思いが詰まったすごく素敵な涙だったので、それを受け止めて僕ももっとイオクを魅力的にしていこうという決意を固めました」と思いを述べた。

また第2期の今後について問われると、河西は「第1期に比べて戦闘シーンがたくさん盛り込まれています」と見どころを挙げる。ここでも細谷は「岡田麿里さんの脚本は、本当に天才的だなと思うわけですよ」と熱く語り出し、「第1期は鉄華団というグループの話が描かれていたが、第2期ではキャラクター1人ひとりにスポットが当たる」「皆さんが第1期を観て『好きだな』と思ったキャラクターが掘り下げられる回もこれから登場していく」と展開について触れた。最後に河西はファンへの感謝を述べながら、「(オンエアは)ぜひ“リアタイ”で観ていただければうれしいです!」とアピール。大きな拍手に包まれながら、イベントは幕を閉じた。

「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」は、「厄祭戦」と呼ばれる大きな戦争が終結してから約300年後を舞台とし、民間警備会社に所属する少年の三日月・オーガスを主人公に描いた物語。第2期ではクーデリア・藍那・バーンスタインの地球への護送から、アーブラウ代表指名選挙を巡る戦いで一躍名を上げた鉄華団と、世界のその後を描く。10月2日よりMBS、TBS系列全国28局ネットにて、毎週日曜17時から放送開始。

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ 第2期
放送時期 :2016年10月2日(日)より毎週日曜17:00~
放送局:MBS/TBS系列全国28局ネット

スタッフ
企画:サンライズ
原作:矢立肇、富野由悠季
監督:長井龍雪
シリーズ構成:岡田麿里
キャラクターデザイン原案:伊藤悠
キャラクターデザイン:千葉道徳
メカデザイン:鷲尾直広、海老川兼武、形部一平、寺岡賢司、篠原保
美術:草薙
音楽:横山克
制作協力:創通・ADK
製作:サンライズ・MBS

キャスト
三日月・オーガス:河西健吾
オルガ・イツカ:細谷佳正
ユージン・セブンスターク:梅原裕一郎
昭弘・アルトランド:内匠靖明
ノルバ・シノ:村田太志
クーデリア・藍那・バーンスタイン:寺崎裕香
アトラ・ミクスタ:金元寿子
ハッシュ・ミディ:逢坂良太
ザック・ロウ:古川慎
デイン・ウハイ:木村昴
ラディーチェ・リロト:深川和征
ククビータ・ウーグ:斉藤貴美子
マクギリス・ファリド:櫻井孝宏
ラスタル・エリオン:大川透
イオク・クジャン:島崎信長
ジュリエッタ・ジュリス:M・A・O
石動・カミーチェ:前野智昭

(c)創通・サンライズ・MBS

最終更新:10/1(土) 16:37

コミックナタリー