ここから本文です

村上虹郎が妊娠する男性兵士演じたアートフィルム、音楽はYoung Juvenile Youth

映画ナタリー 10/1(土) 20:10配信

村上虹郎が出演するアートフィルム「KAMUY」が、10月29日、30日に東京・ヒルサイドプラザで上映される。

【この記事の関連画像をもっと見る】

本作は、サカナクションやRADWIMPSのMVを手がけてきたショウダユキヒロが監督、エレクトロユニットYoung Juvenile Youthが音楽を担当したアートフィルム。女神の力によって、男性兵士の体内に宿った胎児が見て感じた世界を描く。村上が男性兵士、Young Juvenile Youthのゆう姫が女神を演じる。

村上は「自分は兵士で、時代も人種も不明で、妊娠と出産をする、ということを事前に聞いていて、これは凄い、絶対に楽しいものになる、という実感はありました。ただ、その分現場も壮絶でしたが……」とコメントしている。

ヒルサイドプラザでは、天井に設置されたスクリーンに映像が投影され、観客が仰向けになって鑑賞する形態を採択。また、当日は、現代アーティスト三嶋章義による、「KAMUY」の世界観をイメージした作品展示も行われる。詳細は決定次第、公式サイトほかにて発表。なお本作は、ほかの地域でも上映予定だ。

村上虹郎 コメント
YJY(Young Juvenile Youth)は今作品に関わる前からずっとかっこいいなと思って聴いていたので嬉しかったです。この作品を作る上でかかせないCGや、カメラワークもですが衣装も全て1からつくりあげたもので、この服はおれ以外の誰も着たことないんだってウキウキしました。撮影する前に、この作品はいわゆる王道の“MV”の型から外れて、10分程の自由な尺の中で、自分は兵士で、時代も人種も不明で、妊娠と出産をする、ということを事前に聞いていて、これは凄い、絶対に楽しいものになる、という実感はありました。ただ、その分現場も壮絶でしたが……

ショウダユキヒロ コメント
去年の秋頃、Young Juvenile Youthの2人と一緒に何か楽しい事がやりたいね、という雑談のような所からスタートしたプロジェクトです。作品を作ってどのように見てもらうかまで提案する実験的な試みではありますが、一流アーティスト達が本気で手がけた一流の遊びを、見に来て体感してもらえると嬉しいです。

ゆう姫(Young Juvenile Youth)コメント
ショウダ監督との出会いは偶然で、必然だったと感じています。柄にもなく私から猛烈にアタックをして、一緒に作品を作ることが出来て本当に最高でした。監督をはじめ、携わってくれたチームのみんなのアイディアが凝縮されていて、YJYとして音楽で参加出来るだけでなく、虹郎さんとも共演出来て、本当に幸せでした。この作品がたくさんの方の感性に触れることを期待しています。

JEMAPUR(Young Juvenile Youth)コメント
ショウダ監督とご一緒させて頂くのは本作がはじめてで、脚本や設定を作る段階から密に関わらせて頂いたのですが、まず驚いたのはショウダ監督の想像力のブラックホール加減です。言語が伝達ツールとして如何に脆弱かということを目の当たりにしつつ、感覚を超越したそのイメージの世界から受けるインスピレーションは膨大で、サウンドデザインをしていく過程はとても直感的で刺激的でした。本作ではメロディやハーモニーは極限まで抑制して、音そのものの質感、響き、時間軸の変化に伴う音量変化など、微細なコントロールによって世界の移り変わりを表現しました。今、私たちが生きている世界は、執拗に不安や危機を煽り、著しくバランスを欠いた時代遅れな経済システムを維持する消費行動の為だけにデザインされ、内部から溢れ出る本質的な思考が抑圧されているように思います。果たして、道はそちらにしか無いのだろうか?

KAMUY
10月29日(土)、30日(日)東京都 ヒルサイドプラザ

最終更新:10/1(土) 20:10

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]