ここから本文です

大阪桐蔭・西谷監督 根尾の代打起用は朝の状態見て判断

デイリースポーツ 10/1(土) 16:11配信

 「秋季高校野球大阪大会・4回戦、大阪桐蔭3-2大阪偕星学園」(1日、舞洲ベースボールスタジアム)

 3年連続のセンバツ出場を目指す大阪桐蔭が粘る大阪偕星学園を振り切り、5回戦へ進出した。西谷浩一監督は、六回先頭の場面で代打に送った根尾昂外野手(1年)が勝ち越し弾を放ったことに「今朝の打撃練習ですごく状態が良かったので、流れを変える意味もあって代打を送った」と明かした。

 試合は三回に先制したものの、直後、失策から許した走者が無安打で同点のホームを踏まれた。六回表には2死二塁から右前にはじき返され、右翼・山本の好返球で辛くもアウトになったが、流れは相手に傾いていた。

 そこで西谷監督が振るったタクトが代打・根尾。今朝、同校の室内練習場で行っていた打撃練習を見て「タイミングが取れていた。本当は球場に来るまでスタメンで行こうかどうか迷っていたんですけど、守備のこともあったので。終盤からの方がいいかなと思って」と明かす。

 そのさい配が見事に的中し、左中間へ勝ち越しのアーチを放った。さらに攻め手を緩めることなく、エンドランやスクイズを頻繁に仕掛けた。結果的に得点には結びつかなかったが、1点差に迫られた九回には1イニングに2度、伝令を送り「裏の攻撃があるから守りでも攻めていこう」と選手に伝えた。

 最終的には相手の奇策・九回2死三塁からのホームスチールを封じての逃げ切り。「相手は色んなことをやってくるので頭に入れていた。いろんなことをしていかないといけないチームなので。しぶとく守れたのもきょうはよかった。一戦、一戦、勉強しながら戦っていかないといけない」と西谷監督は選手の戦いぶりに目を細めた。

最終更新:10/1(土) 17:55

デイリースポーツ