ここから本文です

Gotch、自由に歌い踊った「Good New Times」ツアーファイナル

音楽ナタリー 10/1(土) 22:04配信

ASIAN KUNG-FU GENERATIONの後藤正文(Vo, G)が、ソロ名義Gotchによる全国ツアーの最終公演を9月29日に東京・TSUTAYA O-EASTで開催した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

2ndソロアルバム「Good New Times」のレコ発ツアーとなった今回は、井上陽介(Turntable Films、Subtle Control)、佐藤亮、下村亮介(the chef cooks me)、戸川琢磨(TYN5G)、YeYe、mabanua(Ovall)という旧知の仲であるアーティストたちからなるバンドThe Good New Timesが全公演に同行。最終公演では、豊かなアンサンブルとリラックスしたステージで集まったオーディエンスを魅了した。

開演すると、ステージに飾られた電飾が温かな光を放つ中で、そろいのシャツを着たGotchとバンドメンバーがステージへ。彼らはオープニングナンバー「Paper Moon」をゆったりと演奏し、会場の空気を和らげる。Gotchは、mabanuaと戸川のリズム隊が作り出すグルーヴに身を委ねながら、穏やかな歌声を響かせた。続く「Lady In A Movie」ではYeYeのキュートなコーラスが、「Can't Be Forever Young」ではmabanuaの軽妙なリズムが朗らかな空気を作り出す。楽曲ごとにバンドメンバーの多彩なプレイが光り、オーディエンスは7人の個性豊かな音に耳を傾ける。

MCでGotchは「こうするところ、1つもないから!」と拳を突き上げて観客の笑いを誘い、「最後まで楽しんでください」と観客に呼びかける。そしてタンバリンを持ち、「Aspirin」を軽やかに歌い出した。中盤のブロックではひと際自由で、解き放たれたかのようなパフォーマンスを繰り広げたGotch。「Independence Dance」で彼はハンドマイクで歌いがならステップを踏み、さらに間奏でダンスをする場面も。曲が終わったあとのMCでは「だんだんステージで踊るのも恥ずかしくなくなってきた。いろんなフェスを回って、お客さんに自由に楽しんでもらえたらと思ったら、まずは俺が自由になることだなって気付いて……」と語った。

その言葉が呼び水となったのか、細野晴臣&イエロー・マジック・バンド「東京ラッシュ」のカバーや「Tokyo Bay」ではオーディエンスも自由に体を動かしながらライブを楽しむ様子が見られた。バンドメンバーも踊りながらプレイを展開し、楽しげで心地よい空気でフロアを包み込んだ。

終盤のブロックに入る前にGotchは「いいアルバムができて、ツアーができて、とても幸せです」と穏やかな口調で語る。そしてパントマイム風のパフォーマンスを織り交ぜながら「Life Is Too Long」を歌ったり、曲中でスリリングなアンサンブルを挟み込む「Baby, Don’t Cry」を披露したりして、本編をクライマックスに導いた。

アンコールでGotchとバンドメンバーは衣装を着替えて登場。「Good New Times」ではミラーボールが回る中でにぎやかなサウンドを奏で、「A Girl in Love」ではYeYeとmabanuaがリズムセッションを繰り広げる前で、Gotchがステージを動き回りながら熱唱した。7人がステージを去ったあとも拍手は鳴り止まず、ダブルアンコールを求める声がフロアから上がる。Gotchは戻ってくるなり「僕らもできるなら朝までやりたい! でも持ち曲がない」と笑いながら口にした。そしてGotchとバンドメンバーは、柔らかなハーモニーが魅力的な「Humanoid Girl」を届けたのち、ツアーを締めくくる1曲としてRadiohead「The National Anthem」を丁寧にプレイ。この日一番の拍手が起こる中、Gotchは名残惜しそうに舞台を降りた。

Gotch & The Good New Times Tour「Good New Times」
2016年9月29日 TSUTAYA O-EAST セットリスト
01. Paper Moon
02. Lady In A Movie
03. The Mediator
04. Can't Be Forever Young
05. The Long Goodbye
06. Blackbird Sings at Night
07. Aspirin
08. Port Island
09. Independence Dance
10. 東京ラッシュ
11. Tokyo Bay
12. Wonderland
13. Lost
14. The Sun Is Not Down
15. Life Is Too Long
16. Baby, Don’t Cry
17. Star Dust
<アンコール>
18. Good New Times
19. A Girl in Love
<ダブルアンコール>
20. Humanoid Girl
21. The National Anthem

最終更新:10/1(土) 22:04

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]