ここから本文です

神戸国際大付 大丸が走者一掃の逆転三塁打、160センチの小兵が奮起

デイリースポーツ 10/1(土) 16:56配信

 「秋季高校野球兵庫大会・準決勝、神戸国際大付6-3神港学園」(1日、明石トーカロ)

 神戸国際大付が2年ぶりに決勝進出を果たし、来春センバツへの参考となる近畿大会(22日開幕、紀三井寺)への出場を決めた。

 左腕の黒田倭人(やまと)投手(2年)が初回に先制を許すなど五回までに3点リードを許した。しかし、六回に4番猪田の適時打で1点を返すと、無死満塁から途中出場の大丸(おおまる)侑也外野手(2年)が走者一掃の逆転三塁打を右越えへ放った。

 プロ注目左腕の神港学園・大西から気合の一撃を放った大丸は「絶対に自分が決めると思っていた」と振り返った。準々決勝までスタメン出場もあったが、この日はベンチスタート。しかし「五回に流れが変わる」と読んだ青木尚龍監督が六回の守備から起用し、見事に期待に応えた。

 160センチとチームで一番の小兵。高校入学までは投手だったが、打撃を買われて1年冬から野手に転向した。「身長が低いので低く構えてストライクゾーンを低くする。投手に投げにくくして、低い球を打ち返す」と自身の極意を持つ。「打撃も守備も磨いてメンバーに入れるようにと努力してきた」というガッツが、チームに逆転勝利をもたらした。

最終更新:10/1(土) 17:02

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。