ここから本文です

小林麻央 手術後の姉・麻耶の愛情に感謝…微動だにできない自分を笑わせようと

デイリースポーツ 10/1(土) 20:00配信

 乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が1日、自身のブログで手術を受けていたことを明らかにした。詳しい日時には触れていないが、手術の内容については「私の場合、根治手術ではなく、局所コントロール、QOLのための手術です」と説明。同日夜にもブログを更新し、術後は声も出せず、微動だにできず、ベッドの上に横たわっていたことなど、生々しく状況を伝えた。

【写真】ママ以上の美少女麗禾ちゃん!海老蔵ファミリー笑顔の記念写真

 QOLとは、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の略で、がんなどの思い病気にかかった患者に、現在の症状を考慮しながら、精神的なストレスを軽減するための可能な治療(手術)を行うもの。

 麻央は1日のブログで「病院の先生方の勇断により、先日、手術を受けることができました。術後、徐々に回復してきたため、ご報告させて頂きます」と手術を公表。一時は、胸や転移した脇の状況が深刻になり、手術という選択もなかったことを明かしている。

 1日夜には「術後、驚いたこと」のタイトルでブログを更新し、術後の様子について詳しく伝えた。

 「術後、息も浅く、顔に力も入らずぽかーと口を開けて、ただただ、微動だにせず横たわっている私」と振り返り、実母と姉の小林麻耶が入れ替わりで付き添ってくれたことを明かした。

 麻耶はこの時、麻央を笑わせようと、テレビで演じるブリっ子キャラ全開で「えっと、本日担当の小林麻耶でぇーす。よろしくお願いしまぁす。」とブリっ子看護師になりきり、あいさつしたという。

 麻央は「私は声も出せないのに、吹き出しそうになりましたが、笑ってしまうとお腹が痛すぎるので、必死で、なかったことにしようと無視を心がけました」「本当に困ります。全体的には助かりましたが。。。」と妹を気遣う姉の愛情に感謝した。

 ブログでは、術後に麻央が撮影したと思われる、車イスに乗ったマスク姿の麻央と、それを支える麻耶のツーショット写真を公開。2人は笑顔でピースサインをしている。

最終更新:10/1(土) 20:09

デイリースポーツ