ここから本文です

小林麻央、乳がん手術を告白 姉・麻耶は「本当に良かったです」

デイリースポーツ 10/1(土) 20:14配信

 乳がん闘病中のフリーアナウンサー・小林麻央(34)が1日、自身のブログで手術を受けていたことを明らかにした。詳しい日時には触れていないが、手術の内容については「私の場合、根治手術ではなく、局所コントロール、QOLのための手術です」と説明。同日夜にもブログを更新し、術後は声も出せず、微動だにできず、ベッドの上に横たわっていたことなど、生々しく状況を伝えた。

【写真】ママ以上の美少女麗禾ちゃん!海老蔵ファミリー笑顔の記念写真

 姉でフリーアナウンサーの小林麻耶(37)は同日夜、ブログを更新。「妹、手術をすることができ、本当に良かったです」と心境をつづり、「先生方には感謝の気持ちでいっぱいです。そして、妹のことを想ってくださったり祈ってくださった皆様、本当にありがとうございます。これからも、頑張りますっ!!!!!」と担当医、応援してくれる人々に対し、感謝の思いを伝えた。

 QOLとは、クオリティ・オブ・ライフ(生活の質)の略で、がんなどの重い病気にかかった患者に、現在の症状を考慮しながら、精神的なストレスを軽減するための可能な治療(手術)を行うもの。

 麻央は1日のブログで「病院の先生方の勇断により、先日、手術を受けることができました。術後、徐々に回復してきたため、ご報告させて頂きます」と手術を公表。一時は、胸や転移した脇の状況が深刻になり、手術という選択もなかったことを明かしている。

最終更新:10/1(土) 21:51

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]