ここから本文です

広島・松山の本塁突入はアウト リプレー検証でも判定変わらず

デイリースポーツ 10/1(土) 20:14配信

 「広島-ヤクルト」(1日、マツダスタジアム)

 広島の六回の攻撃で、松山が本塁でタッチアウトとなったプレーに対してリプレー検証が用いられ、当初の判定通りアウトとして試合再開となった。

 0-1で迎えた六回、3点を奪って逆転し、なお2死二塁。ルナが右前打を放つと、二走・松山が本塁へ突入。足から滑り込んだが、アウトと判定された。

 このプレーに緒方監督からベンチを飛びした。審判団はリプレー検証を始めたが、数分後に判定通りとして試合を再開すると場内アナウンスした。

最終更新:10/1(土) 20:26

デイリースポーツ