ここから本文です

広島・黒田、7回1失点の好投 10勝目の権利持って降板

デイリースポーツ 10/1(土) 20:20配信

 「広島-ヤクルト」(1日、マツダスタジアム)

 広島先発の黒田は、今季最終戦で7回を投げて、6安打1失点で降板した。初回に1点を失って以降は粘りの投球。六回に3点を取って逆転すると、2点のリードを守って降板。7年連続の2桁勝利の権利を持って、中継ぎにつないだ。

 前回、9月25日のヤクルト戦が降雨ノーゲームになったことで、中20日があいてのマウンド。初回、1死から上田に死球を与えると、二盗と雄平の左前打で1点を失った。二回にも2本の安打を許すなど、苦しい立ち上がりとなったが、尻上がりに調子を上げていく投球。五回以降は3イニング3者凡退に抑えて、役目を終えた。

 これで投球回数は日米通算3340回2/3に到達。通算3336回2/3で、歴代16位の工藤公康(現ソフトバンク監督)を抜いた。40歳以上での2年連続2桁勝利になれば、阪神・若林忠志、巨人・工藤公康に次いで史上3人目の快挙となる。

 七回の打席は、代打に今季限りで現役を引退する広瀬が告げられた。黒田は広瀬が打席に向かう前、ベンチで握手を交わして降板となった。

最終更新:10/1(土) 20:28

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。