ここから本文です

日本がV2 宇野、国内大会で4回転フリップに初成功=ジャパンオープン

スポーツナビ 10/1(土) 15:58配信

 フィギュアスケートの日本、欧州、北米によるチーム対抗戦「ジャパンオープン2016」が1日、さいたまスーパーアリーナで行われ、男子の宇野昌磨(中京大)、織田信成、女子の宮原知子(関西大)、樋口新葉(日本橋女学館高)の4人で臨んだ日本は総合637.65点で連覇を果たした。

 日本は、宇野昌磨が国内大会で初めて4回転フリップに成功するなど好演技を披露し、自己ベストを上回る198.55点をマーク。女子では宮原がノーミスの完璧な演技で143.39点と高得点をたたき出し、昨年に続く優勝を引き寄せた。

 また2013年に引退したプロスケーターの織田も、久々の競技会で4回転+3回転のコンビネーションジャンプを成功させ、現役時代の自己最高点を上回る178.72点を記録。会場からスタンディングオベーションを受けた。

 2位は欧州(フェルナンデス=スペイン、アモディオ=フランス、メドベージェワ、ポゴリラヤ=ともにロシア)で595.66点、3位は北米(アボット、リッポン、ゴールド、ワグナー=いずれも米国)で574.20点だった。

 同大会は、男女シングル各2人の合計4人が1チームとなって対戦する団体戦。各選手がフリー演技を行い、合計点で順位が争われた。

最終更新:10/2(日) 10:17

スポーツナビ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]