ここから本文です

広島・松山、引退する広瀬のバットで勝ち越し打「純さんのバットで打ちました!」

デイリースポーツ 10/1(土) 20:24配信

 「広島-ヤクルト」(1日、マツダスタジアム)

 広島・松山が六回、今季限りで引退する広瀬のバットで、広瀬に贈る勝ち越し打を放った。

 0-1で迎えた六回、同点に追い付き、なおも2死一、二塁の好機。打席に立った松山は、広瀬のバットを持って登場。1-1から3球目、外角145キロの直球をフルスイングした。打球は左中間を襲い、飛び付く左翼手・坂口のグラブの先を抜けた。2者が生還して勝ち越し成功。二塁ベースに立った松山は、ベンチに座る広瀬に向けて両拳を向けた。

 「打ったのはストレート。純さんのバットで打ちました!!純さんに打席に入る前に気持ちを入れてもらったので、いい結果になってよかったです」。今季最終戦は、広瀬の引退試合でもある。勝利を届けたい-という思いをバットに込めた。

最終更新:10/1(土) 20:27

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。