ここから本文です

スタバの紅茶ブランド「TEAVANA」ついに日本上陸

エコノミックニュース 10/1(土) 19:12配信

 スターバックス コーヒー ジャパンは、アメリカ、そしてヨーロッパに続き、今秋アジアで展開を開始したティー(茶類)のブランド「TEAVANA(ティバーナ)」を、日本でスタートさせる。現在、同社事業の基盤であるコーヒー&エスプレッソやフラペチーノに新たな柱としてティーを加えることで、より多くのユーザーに新しい体験を創り出していくとしている。

 TEAVANAとは「HEAVEN OF TEA(ティーの楽園)」を意味しており、これまでにないティー体験を実現すべく設立されたブランドだ。2013年よりアメリカのスターバックスで販売を始め、今秋より日本を含むアジア・パシフィック地域6,200以上の店舗でこの新たなティーを楽しむことができるようになる。

 スターバックスがアメリカでの創業時に掲げていたブランド名は「Starbucks Coffee, Tea and Spices」。コーヒー同様、スターバックスがTEAVANAを通じて、ティーの新しい概念・文化に挑戦していくという。

 世界のティーマーケット(茶類全般)は、2015年の段階で1,250億ドル規模に達しており、その規模はコーヒー市場よりも大きいと言われている。

 TEAVANAは、“ TEA REIMAGINED (ティーを多彩に変えていく。)”をブランドコンセプトとし、様々な種類の茶葉にフルーツや花、ハーブやスパイスなどをブレンドした商品だけでなく、それらをこれまでとは異なる抽出方法、素材などと組み合わせて作り上げるビバレッジを展開し、ティーの楽しさを生み出していくとしている。

 日本における記念すべき定番ビバレッジの第一弾は「ゆず シトラス & ティー」。ピンクグレープフルーツをはじめとした様々なシトラスフルーツに国産ゆずの果皮を組み合わせ、酸味を抑えながら豊かな風味に仕上げた、TEAVANAブランドの世界観を表現した五感で楽しむティービバレッジだ。10月3日に全国のスターバックス店舗で発売が開始される。

 今年はスターバックスが日本に上陸して、20年の節目の年だ。その年に始まる、同社の新たなる挑戦を見守りたい。(編集担当:久保田雄城)

Economic News

最終更新:10/1(土) 19:12

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。