ここから本文です

アウディ、ミッドサイズのSUV「Audi Q5」の第2世代を発表。来年春に発売

エコノミックニュース 10/1(土) 19:20配信

 アウディが、「パリモーターショー2016」で、大きな成功を収めたアウディのクロスオーバーSUVの第2世代である新型「Audi Q5」を発表した。新型の販売は2017年春から開始するという。この新しいSUVモデルは、アウディサルーンのスポーツ性、多面的なキャラクター、フレキシブルに使えるインテリアを融合。同時に、コネクティビティ、効率性、ドライバーアシスタンスシステムの各分野でも、セグメントの新たな基準を再び確立しているとする。

 この新型モデルには、新しい全輪駆動システム「quattroドライブシステム」、きわめて高効率なエンジン、ダンパーコントロール機能を備えたエアサスペンション、インフォテイメントおよびアシスタンスシステムの幅広いラインナップなど、数々の注目すべき革新技術が搭載されている。

 エクステリアは、エアロダイナミクスに配慮したフロントエンドにおいて、彫刻的な造形のシングルフレームグリルが存在感を放っている。ヘッドライトはLEDまたは高輝度のマトリクスLEDテクノロジーを用いた仕様が設定され、マトリクスLEDにはダイナミックターンシグナルが内蔵される。

 サイドビューでは、特徴的なカーブと力強いアンダーカットを形成するショルダーラインが、重要なデザインエレメントだ。力強く強調されたホイールアーチは「quattroドライブシステム」を彷彿とさせる。

 リヤデザインでも、水平ラインがクルマの幅の広さと存在感を強調。Cピラーにまで回り込んだテールゲートは、アウディのQモデルに共通する特徴で、ディフューザーインサートには、エキゾーストパイプが組み込まれている。

 新型Audi Q5のボディ寸法は、全長×全幅×全高4660×1890×166omm、ホイールベース2820mm。先代に比べて、ほぼすべての寸法が大きくなった。一方、車両重量は、エンジン仕様によって最大90kgも削減されている。高張力鋼板とアルミを組み合わせた複合構造のボディが軽量化に貢献したというわけだ。

 新型Audi Q5のパワーユニットは、欧州発売時に5種類のエンジン(4タイプのTDIと1タイプのTFSI)が搭載される。これらのエンジンは、従来型に対してパワーが最大で20kW(27hp)向上。一方、燃料消費量は大幅に削減された。なかでも、110kW(150hp)、120kW(163hp)、140kW(190hp)の3つの出力レベルで提供される2.0 TDIディーゼルエンジンは、高効率なエンジンに仕上がった。

 トップエンジンは2種。大幅に改良を受けた2.0 TFSIは、185kW(252hp)の最高出力を発生しながら、100km走行あたりの燃料消費量は6.8リッターでしかない。同様に、今回大幅な改良が加えられた3.0 TDIの最高出力と最大トルクも、それぞれ210kW(286hp)、620Nmに向上した。

 新型Audi Q5は、メキシコに建設した新工場で製造する。ドイツ及び他のヨーロッパ諸国では、2017年初頭から販売開始の予定。ベース価格は、120kW仕様・7速Sトロニックを搭載したQ5 2.0 TDI quattroで4万5100ユーロ(邦貨で約560万円)だ。(編集担当:吉田恒)

Economic News

最終更新:10/1(土) 19:20

エコノミックニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。