ここから本文です

関ジャニ∞が“リサイタル”で見せた心意気 SMAP、嵐の曲もカバー

オリコン 10/1(土) 8:40配信

 人気グループ・関ジャニ∞の公演『関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ』が、9月28日にファイナルを迎えた。昨年に続き2度目、通常の彼らのライブよりも小さな会場で開催される“リサイタル”。4年連続の5大ドームツアーが発表されたことでもわかるとおり、ドームで十分集客できる関ジャニ∞が、この“リサイタル”を行う意味とは? 8月14日、さいたまスーパーアリーナの模様から、彼らの心意気に迫る。

主題歌を担当するアニメ“モンハン”、関ジャニ∞とこのキャラも共演

◆生声で宣誓、ドームで集客できる彼らが敢えて選ぶ“リサイタル”

 「我々関ジャニ∞一同は、アイドルマンシップにのっとり、あのギラギラした太陽にも負けないぐらいのパッションで、お前たちの熱視線を、ガッツリバッカバカと、罪なぐらいに奪い去ることを誓います!」

 そんな丸山隆平の宣誓で幕を開けた『関ジャニ∞リサイタル 真夏の俺らは罪なヤツ』。2年連続となる関ジャニ∞のリサイタルだが、なぜ“コンサート”や“ライブ”という言葉を使わなかったのだろうか。昨年、彼らは地方都市の公演で、観客との近さを重視した会場を選択したかったから、と言っていた。ドームツアーを満員にする集客力を持ちながら、ファンとの距離感を大事にする、彼らの心意気が伝わってくる。丸山の宣誓もマイクを使わず、生声を絞り出したサービス精神にあふれたものだった。

◆意外な曲も披露、7人のサービス精神も思い切り発揮

 この日の公演は、関ジャニ∞らしくノリの良い「罪と夏」からスタート。2曲目、「一秒KISS」のイントロが流れると、会場からは驚いたような歓声が沸き上がった。2009年にリリースされたアルバム『PUZZLE』に収録されていた楽曲だが、ファンからは人気ながら、もうライブでパフォーマンスすることはないだろうと思われていた曲だ。このような選曲からも、彼らがファンの声をしっかりと受け止めていることが伝わってくる。曲中では、トロッコに乗った大倉忠義がクールな投げキスを放ち、大きな歓声が上がっていた。

 円形ステージの上で歌った「キング オブ 男!」では、渋谷すばると錦戸亮が照れながら手を組んだり、丸山が横山裕にいきなりキスしそうになったり(未遂)と、彼らの仲の良さとサービス精神が際立つ瞬間だった。「Dear summer 様!!」の前には、大倉の「夏がきちゃったぜ」という掛け声に、「オレを好きにしていいんだぜ!」と返す安田章大。大倉が安田をハグしてを歌い出す、という場面も見られた。

 この後のショートMCでは、渋谷が「ポケットに携帯を入れたまま出てきた」と告白。村上信五が、「えらい踊りにくそうにしたもんな(笑)」と言うと、渋谷も「今日はホーム感でやっていこうと思う」と、うっかりを逆手にとって約束。また横山は、「丸山くんがキスをしてきたから、感情がぐちょぐちょです」と、ちょっと照れた表情で観客を笑わせた。

◆SMAPの名曲を2曲披露、関ジャニ∞の心意気を感じる

 次のコーナーでは、安田が主催する“YASUDA-LAND”に6人を招待して、それぞれのメンバーがジャニーズメドレーをアトラクションのようなパフォーマンスで見せるのが趣旨。SMAPの「BANG!BANG!バカンス!」では、村上からガッツリ肩を組まれ、驚いた表情を見せる横山。NEWSの「SUMMER TIME」では錦戸も熱唱し、感慨深いものを感じさせた。続いて、村上&安田による「HO!サマー」(タッキー&翼)、そして大倉&横山の「ジェットコースター・ロマンス」(KinKi Kids)と、レアなコンビで熱唱。これもリサイタルだからこそ観られる組み合わせかもしれない。

 続いて、SMAPの曲としては2曲目となる「夜空ノムコウ」へ。今の時期、何かと話題になっているSMAPの曲を2曲も入れる心意気に、ファンも拍手喝采。最後は村上がサングラスをかけ“KING”姿になり、「台風ジェネレーション」(嵐)でラップを披露すると、ジャニーズメドレーはおおいに盛り上がり、終了した。

◆“モンハン”主題歌の新曲、そして松竹座時代からの懐かしい曲も

 バラエティ『関ジャニ∞クロニクル』(フジテレビ系)の企画をはさみ、続いて新曲「パノラマ」(10月12日発売)へ。アニメ『モンスターハンターストーリーズ RIDE ON』(フジテレビ系)の主題歌である同曲は、開放感や疾走感を感じさせる力強い曲。この曲で、一気にライブモードへと戻ると、「前向きスクリーム!」「噂のオトコマエイト!」へ展開。

 メインステージに戻った彼らが手にしたのは、それぞれの楽器だ。そう、ここからがバンド・関ジャニ∞の真骨頂である。錦戸と安田の共作曲「Your WURLITZER」では、横山がすっかり馴染んだトランペットを担当し、新たな彩りを添える。続く「Do you agree?」は、グループの初期、松竹座で活動してた関ジャニ∞が大切にライブで歌ってきた曲だ。かつてよりずっと重みを増したこの曲は、熱さをはらみながら、大人っぽい渋ささえも感じさせる。時を経て、バンドとしてレベルを上げたメンバーによる演奏に、会場はおおいに沸いた。

◆「しんどいこと苦しいことを乗り越えて、また一緒に――」

 錦戸が「人間、ホンマに一番大事なものって、コレよね」と語り、「愛でした。」を披露すると、すべての曲は終了。村上は最後に、「まさか(リサイタルが)2回目できると思ってなかったので、僕たちが頑張れば、3回目のリサイタルができるんじゃないかなと思っております。でも、僕らの頑張りだけでは足りませんので、みなさんも日々、しんどいこと苦しいことを頑張って乗り越えていただいて、またこうやって一緒に楽しく遊べる時間を共有したいと思います。今日はホントにありがとうございました」と挨拶した。

 アンコールで再び登場し、「無限大」をファンと一緒に歌った関ジャニ∞。ただ、ステージと観客が近いだけではない。どこまでも心の距離も近づけて、ひとつになって、この日の“リサイタル”は幕を閉じた。自らの思いをしっかりと形にする、関ジャニ∞らしい心意気を見せた公演だった。
(文/今 泉)

最終更新:10/3(月) 7:15

オリコン