ここから本文です

小林麻央、手術を受けていた「奇跡はまだ先にあると信じて」

オリコン 10/1(土) 11:59配信

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)の妻で進行性乳がんを公表しているフリーアナウンサーの小林麻央(34)が1日、自身のブログを更新し、「病院の先生方の勇断により、先日、手術を受けることができました」と報告した。

【写真】小林麻央 夫・市川海老蔵との2ショット

 続けて「私の場合、根治手術ではなく、局所コントロール、QOL(注:クオリティ・オブ・ライフ)のための手術です」と生活の質を維持するための手術であったと説明。「一時は、胸や脇の状況が深刻になってしまったため、手術さえも選択にありませんでした」と告白した。

 手術をしても「肺や骨に癌は残っており、痛みもあるので、これからが闘いです。なので、心からの喜びとまではいきません」としながらも「先生方が大きな手術にチャレンジして下さったことは、大いに大いに喜んで、心からの感謝をしています」と医師に感謝。「まわりの皆は、ここまでこられたことが奇跡だと言ってくれますが、奇跡をここでは使いたくないです。奇跡はまだ先にあると信じています」と前向きな胸中を明かした。

最終更新:10/1(土) 11:59

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]