ここから本文です

格闘ファンの夢、10年ぶり再戦「ミルコvsシウバ」 必然といえるその対戦の歴史

AbemaTIMES 10/1(土) 13:00配信

12月29日の「RIZIN 無差別級トーナメント2回戦」で、ミルコ・クロコップとヴァンダレイ・シウバの10年ぶり3度目の対戦が決定した。

9月25日に開催された「RIZIN」で、勝利後のミルコに、リング上でシウバが対戦を要求。本来抽選で決定する組み合わせを、高田延彦統括本部長の立ち会いのもと、観客に問うというプロレス的なアングルも含みつつも半ば強引にカードが決定した。

ミルコは「同じトーナメントに出るのであれば尊敬するヴァンダレイ・シウバと対戦したい。自分もベストな状態で戦いに臨むし彼もそうしてくるだろう」一方のシウバも「最高の格闘家であるミルコと対戦したい」とお互いがトーナメントの結果以上にプライオリティを置いている。この2人の過去の対戦歴史、そして総合格闘家としてのキャリアを辿ると「ミルコvsシウバ3」は、日本の格闘ファンにとっても10年前に置き忘れて来た夢の決着戦であり、現在「RIZIN」が組むことの出来るベストカードの一つといえるだろう。

2002年4月に行われた「PRIDE.20」が、ミルコとシウバの最初の対戦だ。当時K-1とPRIDEの両方に参戦していたミルコは、前年のMMAデビューで藤田和之を撃破、高田延彦とのドローを挟み、新日本プロレスの永田裕志を大晦日の「INOKI BOM-BA-YE 2001」で倒すなど総合格闘技のリングでも自身の立ち技の利を活かしながら勝ち星を重ねていった。

一方のシウバも「PRIDE」で桜庭和志をサッカーボールキックで沈めたセンセーショナルな勝利でスターダムに上り詰めた。大山峻護、桜庭との再戦、続くアレクサンダー大塚、田村潔司と日本を代表する格闘家を完膚なきまでに叩き潰し、シウバが最も怖かった時期だ。

そんな2人の初の頂上決戦となった対決は3分5R判定は無し、よってフルラウンドの場合は「ドロー」という、MMA経験の浅いミルコへの考慮ともいえる特別ルールを設け争われた。試合は蓋を開けると、ゴング開始とともに殴りかかるアグレッシブなシウバの戦術は、なりをひそめ慎重な立ち上がりに。しかし2Rに入ると状況は一変、ミルコの高速ミドルがシウバの胸に直撃しはじめる。シウバもテイクダウンを仕掛けパウンド攻撃で追い込む。3Rになるとスタンドでの激し過ぎる蹴りと打撃の攻防。シウバはガードから何発もミルコの強烈なミドルを受け腕や胸が紫色に腫れ上がった。

結果はルールに乗っ取りドローとなったが、得てしてエキシビジョンマッチ的になりがちな特別ルール戦の中でも、両選手の凄みが十分に伝わる内容だった。

1/2ページ

最終更新:10/2(日) 1:37

AbemaTIMES