ここから本文です

注射器で中1女子の太もも刺す 55歳男、容疑否認 /千葉

千葉日報オンライン 10/1(土) 11:03配信

 中学1年の女子生徒の太ももを注射器で刺しけがを負わせたとして、千葉中央署は29日、傷害の疑いで千葉市中央区千葉寺町、飲食店アルバイト、伊藤俊明容疑者(55)を逮捕した。同署によると、伊藤容疑者は「注射針で刺すようなことはしていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は27日午後4時5分ごろ、同市中央区市場町の県立中央図書館の階段上で、歩いていた女子生徒の右太ももを持っていた注射器で突き刺し、軽いけがを負わせた疑い。

 同署によると、注射器の中身に何か入っていたかは不明。女子生徒は病院で診察を受け、体調に急激な変化などはないという。

 事件後、警戒中の私服捜査員が同区内のコンビニに立ち寄る伊藤容疑者を見つけ職務質問したところ、注射器1本を所持していたため、事情を聴き逮捕した。

 同署管内では8月上旬と9月下旬に「注射器を持った男がいる」との不審者情報があった。同署で関連を調べている。

最終更新:10/1(土) 11:17

千葉日報オンライン