ここから本文です

宇多田ヒカル、最新アルバム「Fantome」参加で注目集まる。全身タトゥーのラッパーKOHHって誰?

E-TALENTBANK 10/1(土) 20:00配信

宇多田ヒカルが9月28日にニューアルバム「Fantome」をリリースした。オリジナルアルバムとしては2008年3月に発表したアルバム「HEART STATION」以来、約8年6カ月ぶりの新作となる本作。NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌「花束を君に」や、椎名林檎と共演した「二時間だけのバカンス」など全11曲が収録されている。

宇多田ヒカルも注目したラッパー・KOHH

そんな中でも「忘却 featuring KOHH」に参加しているKOHHとの異色コラボに注目が集まっている。彼は東京都北区王子出身で、Gunsmith Productionというレーベルに所属している全身入れ墨のラッパー。2012年11月に「YELLOW T△PE」というミックステープでシーンに現れた。KOHHの特徴はアメリカのヒップホップトレンドを敏感に察知して自分のフロウにしてしまうスキルと、シンプルな言葉づかい。彼のリリックはシンプルであるが故にわかりやすく、強烈に頭に残る。また発信するメッセージが常にポジティブであることも挙げられる。
 
デビュー当時は、女の子、家庭環境、地元・王子の雰囲気、仲間との遊びなどについて、からっとしたトーンで歌っていた。代表作は彼の名前を一躍世に広めたネームドロップナンバー「JUNJI TAKADA」。脱力した自分のスタイルをタレントの高田純次になぞらえて「適当な男JUNJI TAKADA / 何も考えてないただの馬鹿」と歌い、この曲で日本のヒップシーンの中心人物として名乗りを上げる。そして2014年7月に1stアルバムよりも先に2ndアルバム「MONOCHROME」を発表。これまでとは一転したシリアスで内省的な作風を披露し、リスナーを驚かせた。

2016年最注目アーティスト、フランク・オーシャンから熱烈オファー

2015年1月には韓国のラッパー・Keith Apeの「It G Ma」に客演として参加。KOHHは日本語でラップしたにも関わらず海外のヒップホップファンから絶賛される。ちなみに同曲のPVは9月24日現在で2870万再生も再生中。その後も国内外のアーティストの楽曲に多数参加し、様々なシーンにKOHHの名前を刻み込んでいった。
 
中でもアメリカのR&Bシンガーのフランク・オーシャンからオファーを受け、フランクのポップアップショップで配布された冊子「Boys Don't Cry zine」に封入したCDにKOHHも客演した際は、アメリカの音楽メディア「The Fader」でも取り上げられるなど大きな話題となった。余談だが、同じタイミングで発表されたフランクの最新作「Blonde」はリリースするなり、世界各地でチャート1位を獲得するなど今年を象徴する作品となっている。
 
気になるフランクとのコラボの経緯だが、アメリカの人気レーベル・Def JamからKOHHのマネジメントに、「(フランクが)新作でKOHHとLootaをフィーチャリングしたい」と発言したことを受けて、オファー~実現へと至った。このオファーを受けて、KOHHとLootaはすぐにロンドンへと渡り、2日で3曲をレコーディングしたそう。現在発表されているのは上述した「Nikes」でのKOHHのバースのみということで、今後は未発表曲にも期待が集まりそうだ。

1/2ページ

最終更新:10/1(土) 20:19

E-TALENTBANK

なぜ今? 首相主導の働き方改革