ここから本文です

見せつけた“マツダ愛”のパワーは何を変える?

ニュースイッチ 10/1(土) 8:20配信

「もっと良い車づくりに反映したい」

 「マツダを愛する皆さまから得たものを、もっと良い車づくりに反映したい」と話すのは、マツダの藤原清志専務執行役員。約6000人が参加したマツダ車のファン向けイベントであいさつした。

 富士スピードウェイ(静岡県小山町)で開かれたこのイベントには広島本社から開発陣をはじめ従業員約150人が参加。「総力を結集して、精いっぱいふれあいたい」と熱い思いを携えてきた。

 前日まで続いた悪天候が一転し、当日は晴天に。「皆さんの熱いパワーのおかげです」との声に、マツダ愛のあふれる会場から拍手がわき起こった。

最終更新:10/1(土) 8:20

ニュースイッチ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。