ここから本文です

JR東日本エリア「駅弁頂上決戦」今年も開催 過去最多の新作29種、写真付き全リスト

乗りものニュース 10/1(土) 7:00配信

過去最多の駅弁がエントリー

 本日2016年10月1日(土)から11月30日(水)、JR東日本が「駅弁味の陣 2016」を開催します。JR東日本エリア内の“駅弁頂上決戦”といい、今年が5回目。エントリーしている駅弁61種類は、過去最多の数字だそうです。

【写真】車内でサービスをした「ヱビスガール」

「戦い」の基本的な流れは、エントリーしている駅弁を食べた人がアンケート投票を行い、それによって「駅弁大将軍」などが決まるというもの。投票は「駅弁味の陣 2016」公式ウェブサイト、パンフレットなどに付属する専用の応募ハガキから可能です。投票者のなかから抽選で100人に、賞品がプレゼントされます。

「駅弁味の陣 2016」はエントリーが61種類と過去最多ですが、新作駅弁も最多。29種類と、半分近くがそうです。この“駅弁頂上決戦”へ挑む、肉系や魚系などさまざまな顔をした“武士”たちを、以下にすべて掲載します。

にぐ・さがな、うに貝焼き… 東北エリアは11種類

「駅弁味の陣 2016」に挑む29種類の“新顔”です。記載されている駅名はおもな販売駅で、それ以外の場所でも購入できる場合があります。また併記されている文章は、このイベントのパンフレットにある各駅弁の紹介文です。

●東北
・「いわてあぶり焼き和牛弁当」1100円:一ノ関、盛岡駅(斎藤松月堂)
「和牛の里」の牛肉ぎっしり。香ばしいあぶり焼きで贅沢に。

・「津軽海峡 にぐ・さがな弁当」1300円:新青森、八戸、盛岡駅(幸福の寿し本舗)
「津軽海峡マグロ女子会」監修。青森「にぐ」と道南「さがな」。

・「北海道・青森県 めぐり旅弁当」1150円:盛岡駅(日本レストランエンタプライズ)
北国の風土が育んだ食材満載。海峡をはさんで美味巡り旅。

・「比内地鶏の鶏めし弁当」1200円:大館、秋田、東能代駅(花善)
第4回駅弁大将軍「鶏めし」と、本物の比内地鶏が楽しめる逸品。

・「三昧牛肉どまん中」1350円:仙台、米沢駅(新杵屋)
「牛肉どまん中」のおいしさを、醤油・味噌・塩の三昧で満喫。

・「炙り牛たんとA5仙台牛弁当」1500円:仙台駅(こばやし)
仙台名物厚切り牛たんたっぷり。最高品質A5仙台牛を添えて。

・「伯養軒の海鮮自慢」1200円:仙台駅(ウェルネス伯養軒 仙台支店)
伯養軒自慢4種の海鮮弁当を、「田」の字の容器に盛り合わせ。

・「米沢牛わっぱ飯」1300円:米沢駅(松川弁当店)
伝統タレで味付けされた米沢牛。薄切りロースとそぼろの競演。

1/3ページ

最終更新:10/2(日) 18:33

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。