ここから本文です

小さなヤシの木?

両丹日日新聞 10/1(土) 8:01配信

一宮神社の外灯から笹の葉

 京都府福知山市野家の一宮神社敷地内にある外灯の柱の先端から、笹が葉をのぞかせている。小ぶりなヤシの木のようにも見え、通りかかって足を止める人もいる。

 外灯の柱は高さ3メートルほどの金属製で、中が空洞。神社の石柵に添うように立てられ、敷地内の地面に埋め込まれている。

 支柱の周辺には笹が群生しており、柱の中で芽を出し、上部の光を求めて成長し先端をのぞかせたようだ。神社の関係者は、「初めは何かが引っかかっているだけかと思いました。偶然生えたのでしょうが、いつの間にか大きくなっていますね」と話す。

 大きくなりすぎるようであれば、切る予定だが、しばらくは様子を見ることにしている。

両丹日日新聞社

最終更新:10/1(土) 8:01

両丹日日新聞