ここから本文です

幻想的にアメイジングナイト 城址公園に光のオブジェ/富山

チューリップテレビ 10/1(土) 20:26配信

 ライトアップされた夜の街なかでパフォーマンスやバザールを楽しむイベントを前に、9月30日夜、富山市の城址公園で試験点灯が行われました。

 城址公園に登場したのは600個のLEDを使ってデザインした『ほたるいかの身投げ』と五箇山和紙を使い筒状の照明で演出した『明かりがともる山村の風景』です。
 このオブジェは富山大学の学生が制作したもので、オブジェが点灯するとあたりは幻想的な雰囲気に包まれました。
 セントラム沿線の建物を光で演出するアメイジングナイトは夜の街なかににぎわいを呼び込もうと企画されたものです。
 イベントではライブパフォーマンスやバザールのほか今年はライトアップしたセントラムに乗車できる『ライトラム』が運行します。

 アメイジングナイトは10月1日の日没から午後10時ごろまでの予定で、ライトアップは10月9日まで続きます。

チューリップテレビ

最終更新:10/1(土) 20:26

チューリップテレビ