ここから本文です

水稲作況103「やや良」 9月15日 超過達成で供給抑制

日本農業新聞 10/1(土) 7:00配信

 農水省が30日に発表した2016年産米の全国の作況指数(9月15日現在)は103で、3年ぶりの「やや良」となった。新潟県が全都道府県で最高の108となり、ブロック別でも北陸が107、北海道は103、東北は102と、主産地の作柄が良好だった。田植え期以降におおむね天候に恵まれ、もみ数が確保でき、登熟も順調に進んだ。ただ、生産現場の努力で転作を深掘りして、面積ベースでは達成し、生産量は一定抑制される見通しだ。

 10アール当たりの予想収量は前年比14キロ増の545キロで、このまま確定すれば過去最高となる。作況指数は、13年産は102だったが、14年産は101、15年産は100と、過去2年は101~99の「平年並み」が続いていた。

 106以上の「良」は、新潟と富山の2県。北陸としての作況指数も107で、1977年以来39年ぶり。田植え期以降の好天に加え、台風被害もなかった。ブロック単位では、関東以西の各地域も、沖縄の95を除き101以上となった。6月は日照不足傾向だったが、その後は天候がおおむね良好で、登熟も順調に推移した。北海道や岩手、千葉などでは台風被害も受けたが、影響は限定的とし、病害虫の被害も少なかった。

日本農業新聞

最終更新:10/1(土) 13:23

日本農業新聞