ここから本文です

京都・西本願寺、今日から夜間ライトアップ。国宝「飛雲閣」LEDで照らす

ニュースイッチ 10/1(土) 8:50配信

パナソニックが納入、幻想的な雰囲気を作り出す。10日まで

 パナソニックは、京都市下京区の本願寺が10月1日から10日まで開催する夜間特別公開「西本願寺花灯明」のライトアップ用に発光ダイオード(LED)照明計35台を納入した。納入額は非公表。西本願寺が夜間にライトアップして公開されるのは今回が初めて。

 公開する建物のうち、国宝で京都三名閣の一つとされる「飛雲閣」の内外にLEDのスポットライト、ラインライトなどの照明を設置。建築物が浮かび上がって見えるように演出し、幻想的な雰囲気を作り出す。

最終更新:10/1(土) 8:50

ニュースイッチ

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。