ここから本文です

パナソニックがNTTコムに快勝! BPも獲得で4連覇へ望みつなぐ

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン) 10/1(土) 9:18配信

 一週間のブレイクをはさんでジャパンラグビートップリーグが再開。9月30日に東京・秩父宮ラグビー場で第5節の1試合がおこなわれ、すでに2敗を喫している前王者のパナソニックワイルドナイツが3連勝と好調だったNTTコミュニケーションズシャイニングアークスを42-14で下し、4連覇へ望みをつないだ。

春はボールを持ちたくなかったけれど。ルーキー松浦康一(NEC)の充実。

 序盤にPGで得点を重ねたパナソニックは前半19分過ぎ、ラインアウトからモールで押し込み、初先発したルーキーのHO坂手淳史がスコアラーとなった。26分には敵陣22メートルライン中央付近のブレイクダウン後、SH田中史朗がスペースを突いて抜け出し、LOヒーナン ダニエルにつないでリードを広げた。
 相手にプレッシャーをかけ続け、敵陣でプレーする時間が長かったパナソニックは31分にもPGで加点し、23-0で折り返した。

 44分(後半4分)にはLO谷田部洸太郎が力強い走りで穴をあけてHO坂手がサポート、そしてFB笹倉康誉につながり、チーム3トライ目が生まれたパナソニック。50分にはラインアウト後のモールにバックスも加わって前進し、CTBリチャード・バックマンがインゴールに押さえた。

 35点を追うNTTコムは58分、チーム一体となってボールをつなぎCTBシェーン・ゲイツがトライ。
 その後、パナソニックは冷静な判断と巧みなキックでゲームをコントロールした司令塔のSOベリック・バーンズが左肩の負傷で退き、FB笹倉が危険なタックルで10分間の退出、流れはNTTコムに傾いた。70分にFL山下弘資がゴールに持ち込み、35-14。この時点でトライ数は4-2となり、パナソニックはボーナスポイントの条件(相手より3トライ以上獲得で勝点1を追加)に足りなくなった。

 しかし、ロスタイム、パナソニックのゲームキャプテンを務めたWTB北川智規が敵陣22メートルライン手前で相手のパスをインターセプトして値千金のチーム5トライ目を決め、ボーナスポイントも獲得した。

 ともに3勝2敗となり、パナソニックは総勝点15で浮上、NTTコムは総勝点13に上乗せすることはできなかった。

最終更新:10/1(土) 9:18

ラグビーリパブリック(ラグビーマガジン)