ここから本文です

盗難のゴッホ2作品、14年ぶり発見 イタリアのマフィア捜査で

AFPBB News 10/1(土) 11:58配信

(c)AFPBB News

【10月1日 AFP】オランダの首都アムステルダム(Amsterdam)で14年前に盗難被害に遭っていたビンセント・ファン・ゴッホ(Vincent Van Gogh)の名画2点が、イタリア・ナポリ(Naples)近郊にある麻薬組織リーダーの自宅から見つかった。イタリア当局とゴッホ美術館(Van Gogh Museum)が9月30日、発表した。

 ゴッホ美術館の声明によると、見つかったのは「スヘフェーニンゲンの海の眺め」(1882年)と「ヌエネンの教会から出る人々」(1884~85年)。額縁が外されており、一部に損傷がみられるものの、保存状態は概ね良好という。

 2作品は、マフィアの拠点として知られるナポリ近郊カステラマーレ・ディ・スタビア(Castellammare di Stabia)にある麻薬組織リーダー、ラファエル・インペリアーレ(Raffaele Imperiale)容疑者の自宅で行われた家宅捜索の結果、発見された。

 インペリアーレ容疑者は10年前にも同じ住宅で逮捕されていた。イタリア紙ラレプッブリカ(La Republica)(ナポリ版)によると、同容疑者はその後、所有する建設会社があるドバイ(Dubai)に渡航したとみられているが、今年になって新たな逮捕状が出されたという。

 ゴッホ美術館によると、2作品はイタリア当局による捜査の証拠品として扱われているため、アムステルダムへの返還のめどは今のところ立っていないという。(c)AFPBB News

最終更新:10/1(土) 11:58

AFPBB News