ここから本文です

ティームはラモス ビノラスに敗退 [成都/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 10/1(土) 15:30配信

 中国・成都で開催されている「成都オープン」(ATP250/9月26日~10月2日/賞金総額84万0951ドル/ハードコート)のシングルス準々決勝で、第1シードのドミニク・ティーム(オーストリア)がアルベルト・ラモス ビノラス(スペイン)に1-6 4-6で敗れた。世界ランク31位のラモス ビノラスもシード(第5シード)ではあったが、10位のティームはATPファイナルズの出場権を巡るレースで7位につけており、少しでもポイントがほしいところだった。

 一方、第6シードのビクトル・トロイツキ(セルビア)は前日に第2シードのニック・キリオス(オーストリア)を倒したケビン・アンダーソン(南アフリカ)を6-3 7-6(4)で退け、準決勝進出を決めた。

予選突破の守屋宏紀は1回戦で元世界10位のモナコに敗退 [成都オープン]

 第3シードのグリゴール・ディミトロフ(ブルガリア)はディエゴ・シュワルツマン(アルゼンチン)を4-6 6-4 6-3のフルセットの戦いの末に制した。カレン・カチャノフ(ロシア)は第4シードのフェリシアーノ・ロペス(スペイン)を6-3 6-4で下した。

 準決勝の組み合わせは、ラモス ビノラス対ディミトロフ、カチャノフ対トロイツキとなっている。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: CHENGDU, CHINA - SEPTEMBER 30: Dominic Thiem of Austria(L) shakes hands with Albert Ramos-Vinolas of Spain after their match during Day 5 of 2016 ATP Chengdu Open at Sichuan International Tennis Centre on September 30, 2016 in Chengdu, China. (Photo by Zhong Zhi/Getty Images)

最終更新:10/1(土) 15:30

THE TENNIS DAILY

なぜ今? 首相主導の働き方改革