ここから本文です

【MLB】ダルビッシュ今季最多12Kで吠えた! 6回3安打1失点の快投で7勝目の権利

Full-Count 10/1(土) 11:23配信

最速156キロの速球でレイズ打線を圧倒! POに向けて準備万端

 今季7勝目を目指すレンジャーズのダルビッシュ有投手が9月30日(日本時間10月1日)、本拠地でのレイズ戦に先発し、今季最多となる12奪三振を記録した。6回を投げて3安打12奪三振1四球で1失点(自責1)の快投を披露。7勝目の権利を持って、97球(70ストライク)を投げて降板した。防御率は3.41。

ダルビッシュ有のNPB・MLBでの年度別通算成績

 今季最終登板は初回から飛ばした。最速97マイル(約156キロ)を計時した速球で積極的にストライクゾーンを攻め、スライダーでバットを振らせるパターンで三振の山を築く。初回は先頭ディッカーソンに左前打を許したが、後続をきっちり3人で抑えた。2回は1死から、3回は2死から、味方野手の失策で走者を背負う不運もあったが、安打は許さず。4回に1死からフランクリンに左前打されるも二塁を踏ませず、5回は3者凡退に仕留めた。

 レイズ打線に付け込まれたのは2-0で迎えた6回。先頭キアマイアーに四球を与えると、続くロンゴリアに左中間へ二塁打を運ばれて1失点。だが、ここから3者連続三振に仕留め、今季最多となる12奪三振を記録した。

 打線もダルビッシュを援護した。初回2死二塁からベルトレの中前適時打で1点を先制すると、3回にはベルトランが右翼ポール直撃のソロ弾を放って2点目。1点差に詰め寄られた直後の6回裏には、オドールが今季33号となるソロ弾を放ち、再び2点差に広げた。

 6日(同7日)から始まるプレーオフの地区シリーズでは、7日(同8日)の第2戦での先発が有力視されている。悲願のワールドシリーズ優勝に向けて、戦う準備は整った。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/1(土) 12:02

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。