ここから本文です

鶴本(佐賀・多久高)がボルダリングで初優勝、リードでも2位 スポーツクライミング・アジアユース選手権

佐賀新聞 10/1(土) 11:37配信

 スポーツクライミングのアジアユース選手権(9月27~30日・イラン)で、2001、02年生まれが争うユースBに出場した鶴本直生(佐賀県・多久高1年)がボルダリング競技で初優勝。リード競技でも2位に入った。

 鶴本は、ロープなしで壁を登り完登数で争うボルダリング競技の予選を1位で通過。6人が争った決勝では、四つの課題すべてを一発で完登して頂点に立った。

 ロープを使って壁登りの高さを競うリード競技の予選では、二つ完登して1位タイで決勝に進出。決勝では完登したものの小西桂(神奈川県)にタイム差で敗れた。

 鶴本は5月の日本ユース選手権ボルダリング競技大会で2位に入ると、リード競技で争う8月のJOCジュニアオリンピックカップ大会で優勝。今回、初の国際大会出場で成果を上げた。10月1日から開かれる岩手国体に佐賀県代表として出場する。

最終更新:10/1(土) 11:37

佐賀新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]