ここから本文です

西武が”画面から消える投手”中崎、木村昇ら5選手に戦力外通告

Full-Count 10/1(土) 13:59配信

竹原は昨季のオリックスに続き2度目の戦力外

 西武は1日、木村昇吾(36)、竹原直隆(36)、山口嵩之(27)、中崎雄太(25)、宮田和希(27)ら5選手と来季契約を結ばないことを発表した。

各球団発表、2016年ここまでの引退選手一覧

 2002年ドラフト11位で横浜入りした木村は、2007年オフに広島へトレード移籍。守備のスペシャリストとして1軍に定着した。昨オフに海外フリーエージェント(FA)権を行使。移籍先が決まらずに、今季は西武のキャンプにテスト生として参加し、入団が決まった。今季は38試合に出場し、打率.221の成績にとどまった。

 ”画面から消える投手”として話題を呼んだ中崎は、2008年ドラフト1位指名で入団。2013年に1軍デビュー後、今季3季ぶりに1軍復帰。8試合に登板し、防御率は6.00だった。

 2004年ドラフト4位でロッテ入りした竹原は、2011年にオリックスへトレード移籍。昨季戦力外通告を受けたが、入団テストを兼ねて、西武の秋季キャンプに参加し、入団を決めていた。今季は22試合に出場し、打率.200だった。

 2013年ドラフト5位の右腕・山口は、1軍デビューを果たせず。2008年ドラフト6位入団の宮田は、今季の1軍登板はなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:10/1(土) 14:07

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]