ここから本文です

楽天栗原、引退会見全文 「自分の思うような打撃ができなくなった」

Full-Count 10/1(土) 23:57配信

涙で現役引退を報告、支えてくれた家族からも「悔いはないよ」

 楽天・栗原健太内野手が1日、コボスタ宮城で引退会見を開いた。昨オフ、16年間プレーした広島から楽天にテスト入団。しかし、1度も1軍に昇格することはできず、ユニホームを脱ぐ決断をした。

各球団発表、2016年の引退、戦力外、補強、移籍一覧

 それでも、山形出身の栗原は最後の1年を東北を本拠地とする楽天でプレーできたことについて、「感謝の気持ちでいっぱい」と話した。家族には涙ながらに感謝。25年ぶりのリーグVを果たした古巣・広島への思いを吐露する場面もあった。

 会見の内容は以下の通り。

「本日はお忙しい中、お集まりいただきまして、ありがとうございます。私、栗原健太は今シーズンを持ちまして、現役引退を決めたことを報告させていただきます」

――引退を決断した経緯やきっかけは?

「去年の秋季キャンプでテストさせてもらって入団してから、自分の中で今年は1年勝負という気持ちでやってきました。そう言った中で1軍の戦力になれなかったというところで、この辺が引き際かなという思いがありました。あとは、自分の思うようなバッティングができなくなったという理由からです」

――今の心境は?

「今まで肩に重くのしかかっていたものが取れ、スッキリしたというか。自分の中では精一杯やってきて悔いはないという感じですね」

――悔いはないと言い切れる気持ち?

「そうですね。いい時も悪い時もありましたけど、どんな時でも真剣に野球に取り組んできたつもりでいます。プロに入った時はここまで長くやれると思っていませんでした。いろんな方に支えられて、長くやってこられたので感謝の気持ちでいっぱいです」

――ご家族の支えも大きかったのでは?

「そうですね。いつも近くで支えてもらいました。普段、野球の話をすることはないんですけど。特に怪我をしてから心配をかけましたし、なんとか復帰してほしいなという気持ちでいたと思います。辞めると伝えた時には『一生懸命やっているのを見ているから、悔いはないよ』と言ってもらったので……(涙)。本当に感謝したいです」

1/2ページ

最終更新:10/1(土) 23:57

Full-Count