ここから本文です

大口病院に侵入容疑 記者らを逮捕

カナロコ by 神奈川新聞 10/1(土) 6:40配信

 横浜点滴連続殺人事件があった大口病院に無断で侵入したとして、神奈川署は9月30日、建造物侵入の疑いで、出版社「扶桑社」の記者(46)=東京都杉並区=ら2人を現行犯逮捕した。「撮影目的だった」などと容疑を認めている。

 ほかに逮捕されたのは、私立大学の学生(20)=同区。署は2人を釈放して任意で調べる方針。

 2人の逮捕容疑は、同日午後5時10~15分ごろ、横浜市神奈川区大口通の同病院内に正当な理由なく侵入した、としている。

 同署によると、学生は、患者2人が中毒死した4階病棟で、スマートフォンを手に歩いていた。不審に思った男性警備員(73)らが声を掛けて取り押さえ、「トラブルになった」との電話を受けて院外から駆け付けた記者も確保した。

 扶桑社は「事実関係を確認できないのでお答えできない」としている。

最終更新:10/1(土) 6:40

カナロコ by 神奈川新聞