ここから本文です

公衆トイレをバリアフリー化 伊勢原・日向薬師バス停前

カナロコ by 神奈川新聞 10/1(土) 17:03配信

 伊勢原市は同市日向の日向薬師バス停前の公衆トイレを改装した。約700万円かけて、バリアフリー化。今後、外国人観光客に対応できるよう、英語の看板などの取り付けを検討している。

 トイレは1981年に建設され、和式だった。国際観光地を目指す取り組みの一環で洋式に変え、そのほか男女それぞれ車いすに対応した多目的トイレを設置。電灯も発光ダイオード(LED)化した。

 市商工観光振興課は「今後も老朽化したトイレをリニューアルし、外国人観光客に対応したい」と話している。

最終更新:10/1(土) 17:03

カナロコ by 神奈川新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革