ここから本文です

野村香さん行方不明25年、地元の中学生たちが情報提供を呼び掛け 横浜

カナロコ by 神奈川新聞 10/1(土) 19:03配信

 横浜市立本宿中学(同市旭区)の生徒たちが30日、地元の相鉄線二俣川駅と鶴ケ峰駅前で、25年前に行方不明になった野村香さん=当時(8)=の情報提供を呼び掛けるチラシを配った。用意した千枚は30分余りで配り終わり、母郁子さん(63)は「地域の人が関心を持ち続けてくれて心から感謝している」と話した。

 「香さんを探しています」「何か思い出したら旭警察署に連絡してください」。街頭で声を上げたのは、同中2、3年の生徒34人。教職員21人と旭署員約25人も参加し、香さんの両親とともに駅を行き交う人たちに呼び掛けた。

 香さんと同じ本宿小学校出身で、3年の生徒(14)は「小学校の通学路や職員室で、香さんの看板やポスターをよく見ていた。自分にできることを協力したかった」。別の生徒(14)も「香さんと同じ8歳の妹がいる。25年帰ってこないなんて想像もつかないけど、家族なら帰りを待つと思う」。それぞれの思いを胸に情報提供を呼び掛けた。

 チラシを手にした人(66)は「当時は1人で習い事に行く子が多く、(事件後に)心配で注意を呼び掛けたのを思い出す」と話した。

 父の節二さん(68)は「25年たっても何の情報もない。忙しい中、協力してくれて申し訳ない」と話し、通行人からねぎらいの言葉を掛けられる場面もあった。

 香さんは1991年10月1日午後3時50分ごろ、本宿町の自宅を出て近所の書道教室に向かう途中で行方が分からなくなった。

最終更新:10/1(土) 19:03

カナロコ by 神奈川新聞