ここから本文です

米大統領選挙に投票するなら? 韓國人82%「クリントンに投票」

ハンギョレ新聞 10/1(土) 7:10配信

ギャラップインターナショナル45カ国を対象に調査 中国、トランプ氏の得票率44%で1位 ロシア・クリントン氏が得票率10%で最下位 「米大統領選が自国に影響」と答えた人、韓国91%で1位

 世界の注目が集まる11月8日の米大統領選挙で投票権が与えられるとしたら、ヒラリー・クリントン氏(民主党)とドナルド・トランプ氏(共和党)のうち誰を選ぶだろうか。

 世論調査専門機関のギャラップインターナショナルは30日、今年8月から9月まで45カ国の成人4万4194人を対象に実施した「仮想投票」の結果を発表した。韓国ではクリントン氏の得票率が82%である一方、中国ではトランプの得票率が45カ国のうち最も高い44%だった。

 「もし米大統領選挙に投票するなら」という質問に、フィンランド(86%)、ポルトガル(85%)、韓国(82%)、スウェーデン(82%)、コロンビア(81%)など5カ国の回答者のうち、80%以上がクリントン氏を選択した。韓国ではトランプ氏の得票率が3%にとどまり、ヨルダンやアゼルバイジャン、日本と共に最も低かった。日本の場合、クリントン氏の支持率は60%だったが、「分からない・回答拒否」を選んだ割合が37%に達した。

 中国の場合、クリントン氏とトランプ氏の得票率がそれぞれ53%、44%で、最も僅差だった。トランプ氏の得票率が2番目に高かった国はロシアで、33%だった。ロシアでクリントン氏の得票率は10%にとどまり、45カ国のうち最も低かった。クリントン氏の得票率が2番目に低い国はパレスチナ(40%)だった。これに先立ち、トランプ氏は「ロシアがクリントン氏の電子メールをハッキングしてほしい」と発言し波紋を呼んでおり、クリントン氏もテレビ討論会で「民主党全国委員会のハッキングの背後にロシアがいる。トランプ氏がロシアのプーチン大統領に頼んだ」として、「歪曲」する場面もあった。

 成人1007人を対象に調査が実施された韓国では、「セヌリ党」支持者の85%や「共に民主党」支持者の88%、「国民の党」支持者の94%が、クリントン氏に票を投じた。

 「米大統領選挙が自国に及ぼす影響力」に関する質問に、「影響力がある」と回答した人は、韓国が91%で、45カ国のうち最高値を記録した。ブラジルと中国が82%、カナダ・イタリア・ポルトガルが80%、ドイツが78%、イラクが76%だった。日本では70%が、ロシアでは40%が「影響力がある」と回答した。「影響力がない」との回答は、米国と隣接したメキシコが73%で、最も高かった。

キム・ナムイル記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr )

最終更新:10/1(土) 7:10

ハンギョレ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

信用履歴が(まだ)ない人のためのスマートローン
TEDフェローのシヴァーニ・シロヤのスタートアップ企業InVentureでは、携帯電話のデータを使って個人の信用情報を作り上げることで、新興世界に眠っている購買力を目覚めさせようという事業をしています。「クレジット・スコアのようなシンプルなもので、自分の未来を自分で築き上げる力を人々に与えることができるのです」 [new]