ここから本文です

ペレス「コース改修によって走るのが前より楽しくなった」:Fインディア マレーシア金曜

オートスポーツweb 10/1(土) 5:20配信

 2016年F1マレーシアGPの金曜プラクティスで、フォース・インディアのニコ・ヒュルケンベルグは8位/9位、セルジオ・ペレスは9位/6位だった。

F1最新フォトコーナー

■サハラ・フォース・インディアF1チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ フリー走行1=8位/2=9位
 良い一日だった。マシンにはこれといって問題はなかった。プログラムのすべての項目をこなし、必要な情報を集めるためにすべてのタイヤコンパウンドを試した。順調な一日だった。望ましい金曜日だよ。

 以前はものすごくバンピーだったけど、新しい路面になり、かなりスムーズな走りができるようになった。いい感じだが、強力な日差しと高い温度のためターマックがすべての熱を吸収しているように感じる。マシンの中は本当に暑いんだ!

 最終コーナーが変更され、かなりチャレンジングになった。最後の最後でいいラップを台無しにしかねないコーナーなので、ターンインする際はすごく注意する必要がある。

セルジオ・ペレス フリー走行1=9位/2=6位
 期待の持てる週末のスタートとなった。トラックは昨年に比べてかなり変わったので、今日は可能な限り学習することが重要だった。

 変更によって走るのが前よりずっと楽しくなった。去年までと比べて大きな改善だと思う。

 忙しいセッションで、午前中は赤旗に妨げられたものの十分な情報を収集できた。ショートランもロングランもペースはいい感じだし、今週末は戦えるという自信を感じる。特に明日の予選でね。ただ、僕らが集中しているのはレースなんだ。レースでベストな状態になるようにしなければいけない。今夜いくつか調整をする必要があるが、いい感じで来ていると思う。
 

[オートスポーツweb ]

最終更新:10/1(土) 5:20

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]