ここから本文です

改修されたセパンの最終コーナー、F1ドライバーの大半に不評

オートスポーツweb 10/1(土) 15:29配信

 マレーシアGP初日のプラクティスを終えて、F1ドライバーの大部分は、セパンの最終コーナーに加えられた変更があまり好きになれないと語っている。 

 全面的な再舗装を含めたコース改修の一環として、ターン15(最終コーナー)のヘアピンは、ドライバーにとってよりチャレンジングにするために、内側を高くしてオフキャンバーにされた。

 これについてレッドブルのダニエル・リカルドは、「カレンダー中で最も魅力的なコーナーとは呼べない」と批判的だ。

「確かにチャレンジングではある。それがポジティブな面のひとつだろう。インサイドにクルマを寄せようとすると、通常とは逆のバンクによって外へ流される感じになるし、かといってアウト寄りを通るラインでは遠回りになってしまう」

「あまり楽しいコーナーとは言えない。外側へ下がるにつれて、路面のグリップも低くなるしね」

 他のドライバーの感想も、概してリカルドの意見と似たものだった。フェラーリのセバスチャン・ベッテルは、このコーナーが「意図的にトリッキーに」されており、「意地悪」になったと表現した。ウイリアムズのバルテリ・ボッタスは「それほどいい感じではない」と述べ、カルロス・サインツJr.も「コーナーが逆バンクだなんて不自然」という理由で、好きではないと評している。


 ハースのロマン・グロージャンは、このコーナーの正しいラインを探すのが「ものすごく難しくなった」と語り、さらにこう付け加えた。「走っていて楽しいという感覚が得られないから、あんまり好きじゃないね。やっぱり僕は、これとは反対の向きにバンク角がついていて、その分グリップが稼げて速く走れるコーナーの方が好きだ。これは改悪だったと思うよ」

 ルイス・ハミルトンは、形状の変わったこのコーナーは「ヘンな感じ」で、改修の狙いのひとつとされているオーバーテイクの増加は期待できないだろうと述べた。

「オーバーテイクに関しては、以前と何も変わらないだろう。エイペックスの範囲が広くなって、縁石に沿って走るのではなく、もっと外側のラインを通るようになる。何だか奇妙な感じだよ」

「オフキャンバーになったから、みんなブレーキをロックさせまくっているよ。どうやらアウト寄りのラインの方が良さそうだ。レーシングラインはどちらかと言えばV字型で、インにはつかない走り方になる」

 また、多くのドライバーが、新しい舗装により路面のグリップは増したと感じているのに対し、マクラーレンのジェンソン・バトンは、この新しい路面ではクルマのフィーリングをつかみにくいと報告した。

「すごく奇妙だね。この新舗装では、誤った期待感を持たされる。かなりグリップがあるように感じたかと思うと、急にそのグリップ感が失われたりして、グリップレベルを読むのが難しいんだ。何だか不自然な感じで、ソチ(ロシアGP)のコースにも似たところがあるトリッキーな路面だよ」

「僕らは世界でもトップレベルのドライバーだ。オーバーステアになるときには、普通ならある程度までは予測ができる。だけど、この路面ではいきなりオーバーになるから、対処が難しいんだ」


[オートスポーツweb ]

最終更新:10/1(土) 15:29

オートスポーツweb