ここから本文です

赤ちゃんパンダ公開

紀伊民報 10/1(土) 17:03配信

 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは1日、ジャイアントパンダの「良浜(らうひん)」が9月18日に産んだ赤ちゃん(雌)の公開を始めた。かわいい姿を一目見ようと、多くの人が集まった。

 来園者が待ち構える中、午前9時45分に屋内運動場のロールカーテンが開いた。良浜の胸に抱かれた赤ちゃんがガラス越しに見えると、来園者は「ちっちゃい」と声を上げたり、スマートフォンで撮影したりしていた。

 家族7人で来ていた津市の会社員山田庄吾さん(39)は「パンダを見たくて白浜に来た。赤ちゃんは小さかったが、これから元気に、すくすくと育ってほしい」。次男の龍護君(2)は「(赤ちゃんは)ピンク色の体でかわいかった」と笑顔を浮かべた。

 施設によると、良浜がしっかり母乳を与えており、順調に成長している。1日現在で体重515グラム、全長28・5センチ。「生まれた時の体重(197グラム)や成長具合はこれまでで一番大きい」と担当者はいう。白黒模様も、うっすらと確認できるようになってきている。

 パンダの赤ちゃんの公開は午前9時45分~10時5分と、午後2時40分~3時の1日2回。体調によって時間の変更、中止がある。施設は1日から名前の募集も始めている。

最終更新:10/1(土) 17:03

紀伊民報