ここから本文です

千里山荘を事業譲渡 五万石、JR西に全株式売却

北國新聞社 10/1(土) 2:43配信

 五万石グループ(富山市)は30日、日本料理店運営や食品製造・販売の五万石千里山荘(ちさとさんそう)(同)の全株式をJR西日本に譲渡した。全社員23人の雇用と五万石ブランドは維持し、冷凍お節料理やギフト商品を拡販する。

 千里山荘は2014年7月、JR西に発行済み株式総数の40%を売却して資本業務提携を結んだ。30日に開いた臨時株主総会と臨時取締役会で、五万石グループの安井恒夫会長らが保有する残り60%の売却を決めた。事業譲渡は後継者難に加え、事業発展や雇用の安定確保から判断したとみられる。今後、JR西から役員や社員を受け入れる。

 上野京子社長は退任し、富山ターミナルビル取締役の四十九英明氏が新社長に就いた。

 千里山荘は1974年に設立、富山市婦中町千里に合掌造りの料亭と食品製造工場を備える。2016年6月期の売上高は13億7千万円。

北國新聞社

最終更新:10/1(土) 2:43

北國新聞社

なぜ今? 首相主導の働き方改革