ここから本文です

浦和が武藤ら4ゴールで快勝 数的不利のG大阪はCS出場厳しい状況に

SOCCER KING 10/1(土) 16:03配信

 2016明治安田生命J1リーグ・セカンドステージ第14節が10月1日に行われ、浦和レッズとガンバ大阪が対戦した。

 前節チャンピオンシップへの出場を確定させた浦和。ステージ首位に立って迎える今節は、同3位のG大阪と対戦する。同カードではG大阪に公式戦4連敗と圧倒されているが、年間優勝争いの真っ只中にいる浦和にとっては負けられない一戦となる。一方のG大阪もステージ優勝へ向けて3ポイントを獲得し、望みを繋ぎたいところだ。

 浦和は別調整が続いていた槙野智章がスタメンに戻ってきたほか、阿部勇樹がJ1通算500試合出場を達成。スタメンにはGK西川周作、DF遠藤航、槙野、MF柏木陽介、阿部、FW興梠慎三らが名を連ねている。金正也が出場停止でプレーできないG大阪は、西野貴治が丹羽大輝とセンターバックのコンビを組む。このほかGK東口順昭、DF藤春廣輝、MF井手口陽介、遠藤保仁、アデミウソン、FW長沢駿らが先発出場した。

 6分、浦和が先手を取る。柏木のスルーパスに反応した武藤雄樹が右サイドに抜け出すと、グラウンダーの鋭いクロスを送った。中でフリーになっていた高木俊幸がゴール前で押し込み、浦和がG大阪からリードを奪っている。

 その後も、浦和が主導権を握ってゲームは進んでいく。11分には駒井が右サイドからエリア手前にパスを出すと、柏木がスルーして後ろに待機していた槙野がフリーで枠を狙ったが、バーの上に外れていった。12分には、右サイドから駒井が切り込んで左足からのミドルシュートを放ったが、これもGK東口にキャッチされて、得点には結びつかない。

 流れをつかめないG大阪は23分に倉田秋がミドルシュートを放ったが、GK西川の正面で得点には至らず、その後は目立ったチャンスを作ることができない。一方の浦和も、33分に中央をドリブル突破した駒井がエリア手前からミドルシュートを撃つが、これもGK東口に防がれた。

 前半は1-0と浦和がリードして終了する。

 50分、浦和がリードを広げた。エリア手前左でボールを受けた武藤が切り込んで左足から強烈なシュートを放った。ボールはDF西野に当たってGK東口のニアサイドに突き刺さり、リードを2点に広げている。

 56分、浦和は右サイドを武藤がドリブルで突破し折り返すと、走り込んできた高木がゴール前からダイレクトで狙ったが、バーの上に外れて、ゴールには至らない。一方のG大阪は14分、アデミウソンが接触したDF槙野の腹を右手で叩くと、主審はレッドカードを提示して退場を命じた。1人少なくなり、更に厳しい展開に追い込まれる。

 G大阪は79分に途中からピッチに立っている呉屋大翔が、カウンターでエリア内への突破を図ったが、全速力で戻った槙野にボールをカットされた。80分にはこちらも途中出場の今野の浮き球のスルーパスに反応した呉屋が、右足のダイレクトボレーを放ったが、枠外で得点には繋がらなかった。

 83分、浦和はエリア右から森脇良太が柔らかいクロスを供給すると、ゴール前でフリーになっていた宇賀神友弥が押し込んで3点目。87分には駒井の右サイドからのクロスをと途中出場の李忠成がトラップして粘ると、こぼれたボールをこちらも途中出場のズラタンが右足でネットに流し込んで4点目。終盤、一気に浦和が試合を決定づけた。

 そのまま試合は終了し、浦和レッズが4-0でガンバ大阪に勝利した。次戦は5日、JリーグYBCルヴァンカップ準決勝の第1戦で浦和がFC東京と、G大阪が横浜F・マリノスと対戦する。

【スコア】
浦和レッズ 4-0 ガンバ大阪

【得点者】
1-0 6分 高木俊幸(浦和レッズ)
2-0 50分 武藤雄樹(浦和レッズ)
3-0 83分 宇賀神友弥(浦和レッズ)
4-0 87分 ズラタン(浦和レッズ)

SOCCER KING

最終更新:10/1(土) 21:03

SOCCER KING

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

「ゲームで10年長生きしましょう」
重度の脳震盪の後長い間病床に付き自殺まで考えたゲームデザイナーのジェーン・マゴニガルは、回復のための素晴らしいアイデアを思い付きました。科学的研究の成果を織り込んだ回復のためのゲーム「スーパー・ベター」を作ったのです。この感動的な講演で、彼女はゲームがいかに人の回復力を高め、人生におまけの7分半を付け加えてくれるか語っています