ここから本文です

アーセナルがファンにアンケート「サンチェスの適正ポジションは?」

ゲキサカ 10/1(土) 17:32配信

 アーセナルのFWアレクシス・サンチェスが最も生きるポジションはどこか。クラブが公式ツイッターでファンに問いかけている。

 2014-15シーズンにバルセロナからアーセナルに移籍したサンチェス。同シーズンに35試合16得点、翌2015-16シーズンに30試合13得点を記録するなど、プレミアリーグでコンスタントに活躍を続けている。

 これまで2列目の両サイドでプレーすることが多かったサンチェスだが、今季は主にワントップを務め、プレミア全6試合出場でチームトップの4得点をマーク。過去2シーズンを上回るペースでゴールを重ねている。

 そんなストライカーとして新境地を開きつつあるサンチェスに関して、クラブは公式ツイッターで「センターとワイド、どちらがサンチェスにとって良いポジションか」と適正ポジションのアンケートを実施した。

 項目はウイング(サイド)、10番(トップ下)、ストライカー(ワントップ)の3つに分けられ、集計の結果、ウイングが41%、10番が15%、ストライカーが44%となった。現在のポジションが最も支持されたものの、サイドとわずか3%差という結果になっている。サイドで輝きを放つサンチェスのプレーを希望するファンも今なお多いようだ。

最終更新:10/1(土) 17:32

ゲキサカ