ここから本文です

存在感増す右の翼…3得点に絡んだ浦和MF駒井「体のキレを感じる」

ゲキサカ 10/1(土) 19:36配信

[10.1 J1第2ステージ第14節 浦和4-0G大阪 埼スタ]

 右サイドで躍動した。浦和レッズMF駒井善成はボールを持てば鋭い仕掛けでサイドを切り裂き、正確なボールをゴール前に供給して好機を創出し続けた。

 まずは前半6分、右サイドでボールを受けて縦に仕掛け、相手2選手の注意を引きつけると、MF柏木陽介、MF武藤雄樹を経由したボールを最後はMF高木俊幸が蹴り込んで先制点が生まれた。

 2-0と2点リードで迎えた試合終盤の後半38分にはDF森脇良太からボールを呼び込むと、右サイドを駆け上がる森脇を見逃さずにスルーパス。森脇のクロスからMF宇賀神友弥の得点が生まれた。さらに同42分にはキレのあるフェイントで対面するMF今野泰幸を翻ろうすると、グラウンダーのクロスの流れから最後はFWズラタンが押し込み、チームは4-0の快勝を収めた。

「得点なり、アシストをしたかったけど、今日もなかったので残念」と悔しそうな表情を浮かべた駒井だが、コンディションの良さは明白で「走り切れるし、体のキレを感じている」と胸を張った。

 今季、京都から浦和に加入したが第1ステージは途中出場が多く、なかなか先発の座をつかめなかった。しかし、第1Sで3試合だった先発出場は、ここ数試合で飛躍的に増え、第2S第9節川崎F戦からの6試合で5試合目となった。「目に見える結果が出ないと厳しいと思う」と危機感を持ちながらも、「今日のようなプレーを継続させることが自分の成長につながると思うし、チームの優勝にも貢献できるはず」とさらに存在感を高め、チームの勝利に貢献しようと燃えている。

最終更新:10/1(土) 19:40

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

あなたが同僚の給料を知るべき理由
あなたの給料はいくらですか? 同僚と比べてその金額はどうでしょうか? あなたは知っておくべきだし、同僚もまたしかりだと、経営研究者のデビッド・バーカスは言います。このトークでバーカスは、給料は秘密にするものという文化的前提に疑問を投げかけ、給料を公開することがなぜ従業員、組織、社会にとって良いことなのか、説得力ある議論を展開します。 [new]