ここから本文です

仙台、6戦ぶり勝利でJ1残留決定!ハモン・ロペスがクラブ史上J1初ハット

ゲキサカ 10/1(土) 20:34配信

[10.1 J1第2ステージ第14節 鳥栖2-3仙台 ベアスタ]

 ベガルタ仙台が3試合を残してJ1残留を決めた。アウェーでサガン鳥栖に3-2で競り勝ち、8月13日の柏戦(4-2)以来、6試合ぶりの白星。FWハモン・ロペスが3ゴールの活躍を見せ、仙台の選手がJ1でハットトリックを記録するのはクラブ史上初となった。

 引き分け以上でJ1残留が決まる仙台は立ち上がりから積極的な入りを見せた。前半23分、DF藤村慶太の左クロスをMF梁勇基がワンタッチで落とし、MF奥埜博亮がシュート。これはGKに抑えられたが、同26分、高い位置でFW西村拓真がボールを奪うと、MF富田晋伍のスルーパスにハモン・ロペスが反応。ドリブルでPA内に切れ込み、左足で先制点を奪った。

 1点リードで折り返した後半も仙台ペースで試合は進む。後半6分、奥埜の浮き球のロングパスに合わせた西村のヘディングシュートはGK林彰洋の好セーブに阻まれたが、同10分、素早いリスタートから藤村が左クロス。これを逆サイドのハモン・ロペスがヘディングで流し込み、2-0とリードを広げた。

 劣勢の鳥栖も後半18分、右サイドからDFキム・ミンヒョクがアーリークロスを放り込み、FW豊田陽平がヘディングシュート。エースの4試合ぶり今季12得点目で1点を返すと、同27分には鳥栖U-18所属の2種登録選手であるMF石川啓人を投入した。来季、トップチーム昇格が内定している18歳はこれがJデビュー戦。直後の28分にミドルシュートを狙うなど積極的にプレーした。

 流れが鳥栖に傾き始めた後半30分、仙台はカウンターからハモン・ロペスにボールが渡ると、右サイドから中に切れ込み、左足を一閃。ハットトリック達成となる追加点で再び2点差に突き放した。粘る鳥栖も同35分、DF吉田豊の左クロスをMF高橋義希がヘディングで流し込み、再度、2-3と追い上げたが、反撃もここまで。逃げ切った仙台が6試合ぶりの勝利を挙げ、J1残留を確定させた。

最終更新:10/1(土) 20:37

ゲキサカ

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。