ここから本文です

柏とスコアレスドローで追い込まれた湘南…残り3戦で15位名古屋と勝ち点8差に

ゲキサカ 10/1(土) 21:25配信

[10.1 J1第2ステージ第14節 湘南0-0柏 BMWス]

 湘南ベルマーレ対柏レイソルは0-0で引き分けに終わった。柏(勝ち点27)は、残り3試合での第2ステージ逆転優勝にわずかに可能性を残している(首位浦和は勝ち点34)。

 前節・磐田戦(0-0)で連敗を10でストップさせた湘南は、高い位置からのプレッシャーをかけ、前半23分にMF菊池大介が右足ミドルを放つなどハードワークした。一方、第2ステージ優勝に望みをつなげたい柏は同44分、MF秋野央樹の縦パスをPA手前で受けたMF中川寛斗が中央に落とし、FWディエゴ・オリヴェイラが右足ダイレクトシュート放つなど、FWクリスティアーノとD・オリヴェイラを中心に湘南ゴールに迫ったが、前半はスコアレスで終えた。

 後半は湘南の前線からの守備を警戒し、ロングパスを多用する柏。後半19分、相手のクリアボールが中途半端となると、秋野がショートバウンドのボールに上手く合わせて左足ダイレクトシュートを放つ。同25分には右CKからファーサイドのFW伊東純也が左足シュート。相手DFに当たってコースが変わったがGK村山智彦のファインセーブに阻まれ、こぼれ球にMF武富孝介が反応するも右足シュートは枠を外れた。

 セットプレーからチャンスを作る柏は後半30分、クリスティアーノの右CKからU-19日本代表のDF中山雄太が打点の高い渾身のヘディングシュートを放つもクロスバーを直撃。得点を奪えないでいると、同37分にDF三竿雄斗と競り合ったD・オリヴェイラが足を痛め、担架でピッチの外へ。代わってFW大津祐樹がピッチに入った。

 押し込まれる時間が続く湘南。後半44分に左CKからFWジネイが打点の高いヘディングシュートも枠を外れる。さらに同45分には、右サイドのFKからDF岡本拓也が右足ダイレクトボレーもGK中村航輔のセーブに阻まれ、最後までゴールネットを揺らすことができなかった。試合は0-0で終了。湘南は年間勝ち点21としたが、残り3試合で残留圏内15位の名古屋と勝ち点8差となり、残留は厳しい状況となった。

最終更新:10/1(土) 21:25

ゲキサカ

なぜ今? 首相主導の働き方改革