ここから本文です

由伸巨人ため息最終戦…CS先発候補・大竹&高木乱調、合宿も台風中止で不安ばかり

デイリースポーツ 10/2(日) 5:02配信

 「阪神6-0巨人」(1日、甲子園球場)

 ため息しか出ない。巨人はCSでロングリリーフ的な「第2先発」として計算されている大竹寛投手、高木勇人投手が乱調。3連敗でシーズンを終えた。高橋由伸監督は「安心できる投球ではないですね」と厳しい表情を浮かべた。

 短期決戦では早めの継投に出る可能性もある。それだけに2投手は貴重な戦力として計算されているが、大竹寛は4回3失点。高木も2回3失点。村田ヘッドコーチも「いいところがなかった」とおかんむりだ。

 4日からみやざきフェニックス・リーグで実戦を積む予定だったが、台風接近が予想されるため中止。調整変更も余儀なくされた。指揮官は「リフレッシュして、次の戦いに進めたら」と気持ちを切り替えたが、不安を抱えたまま、本番を迎えることになりそうだ。

最終更新:10/2(日) 5:02

デイリースポーツ